アンチエイジングの学校

さくらんぼ狩りは山形が一番!1000円位でアンチエイジング♪

この記事は2分で読めます




Sponsored Links


もうすぐGWですね。皆さんご予定はお決まりでしょうか?おそらく、GWは予定がいっぱい詰まっていると思います。

が、その後の予定は・・・というと、夏まではほとんど決まっていないのではないでしょうか?

GWが終われば梅雨の時期が到来・・・外出するのも億劫で、家に閉じこもり気味になるかもしれません。

けれど、6月中旬〜7月上旬は、アンチエイジングにとって喜ばしい時期でもあるのです。

 

「さくらんぼ」狩りに出かけよう!!

真っ赤な宝石と言われる「さくらんぼ」。その色、艶たるや右に出る果物は無いでしょう。

1年のうちのほんの少しの期間だけしか味わえない(アメリカンチェリーがあるので、1年中食せますが)、この真っ赤な宝石には、秘密があったのです。

 

「さくらんぼ」の秘密☆

では、その「さくらんぼ」の秘密に迫ってみたいと思ます。

さくらんぼのあの艶やかな赤さは何からできているのか・・・それは、ポリフェノール類のアントシアニンという成分です。

アンチエイジングに興味を持たれている方はもうお気づきですね!

そうです。「さくらんぼ」には老化防止に効果的な抗酸化物質である、アントシアニンが含まれているのです。




Sponsored Links


抗酸化物質でもう一つ、カロテン類のβ-カロテンも含まれています。

他にも、ビタミンCやミネラルも多く含まれています。

 

他にもこんなことに効果があります。

 

  • 心筋梗塞予防
  • 動脈硬化予防
  • 脳梗塞予防
  • 高血圧予防
  • 糖尿病予防
  • 眼性疲労改善
  • 抗痛風
  • 免疫力の改善
  • がん予防

 

 

他の食べ方☆

仕事が忙しかったり、天候に恵まれなかったりして、さくらんぼ狩り行く時間がない方もいらっしゃるかと思います。

ご安心ください。他にもさくらんぼを食べられるんです。

さくらんぼを主としたものを選びましょう。

①ドライフルーツで食べる。

②ジュースを飲む。

③パイやタルトを食べる。

④ジャムを食べる。

⑤お酒を飲む。

 

生では食べられなくても、日常生活の中で、これだけの食べ方があれば、気軽に「さくらんぼ」を食べられますね。

 

でも、やっぱり生で食べたい!!

優れた食材「さくらんぼ」を、鮮度の良い状態で、しかも生で、好きなだけ食べられる【さくらんぼ狩り】は、まさにアンチエイジングのためのイベントと言っても過言ではありませんよね。

梅雨の晴れ間を狙って、ぜひ外出してみましょう。




Sponsored Links






あわせて読みたい



Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 856,430 人
RETURN TOP