アンチエイジングの学校

ネイルで色素沈着しやすい色は?防ぐにはどうする?爪の予防にはどれ?栄える色は?

この記事は1分で読めます




Sponsored Links


「手は第二の顔」と言われていることを、皆さんご存知でしょうか?メイクをして綺麗になったつもりでも、実は、手から老化のサインが出ているのです。

指先を綺麗にして、心も華やげば、ますますアンチエイジングに効果的です。

仕事や育児、それから家事・・・多忙な毎日ではありますが、ぜひ、ご自身の手をケアしてあげましょう。

 

爪は、皮膚が硬く変化したもので、血流によって健康状態が左右されます。血行を良くするためには、爪の根元にある爪を作り出す細胞=爪母(そうぼ)細胞をハンドクリームなどでしっかりマッサージしてあげましょう。ツヤと強度のある美しい爪に生まれ変わりますよ。

 

そして、血行が良くなったら、次はネイルです。まず、スカルプチャーをご紹介します。

①流行のジェルネイル(水飴状のジェルで爪の長さを出す、または爪の厚みを出して補強し、UV(紫外線)で固める手法)

②ア クリルネイル(アクリルパウダー+アクリルリキッドを使って爪の長さや厚みを出す手法。空気乾燥で仕上げる)




Sponsored Links


③付け爪

これらは、爪の短 い方や薄い方に最適です。ネイルサロンに行くのも良いですし、自宅でネイルキットを購入して行うのも良いでしょう。自爪を傷めず、理想の爪が手に入りますよ。

 

次に、自爪ネイルカラーです。ピンク系が若々しい色として人気ですが、ご自身の手の甲の色と合うかどうかを見極めてください。なぜなら、手の甲の色がくすんでいたりすると、お肌がピンクの鮮やか さに負けてしまうからです。同じピンクでも、コーラルピンクやオレンジピンクなど黄みががったピンクの方が良いでしょう。指を上品 に長く見せたいときは、ベージュ系を選びましょう。爪が薄く弱い方は、ダイヤモンド粉末入やラメ入りを選ぶと良いです。爪の強度が増し、折れや割れを防ぐことができます。ベースコートと トップコートを使えば、1週間くらい長持ちしますよ。

 

ネイルは実に身近で、労力もお金も時間もかからないアンチエイジン美容法です。ぜひ、この春からトライしてみましょう!!




Sponsored Links








Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 856,430 人
RETURN TOP