アンチエイジングの学校

男もシミを作らないスキンケア方法とは?岡田将生に習え!

この記事は3分で読めます




Sponsored Links


映画『エイプリルフールズ』は4月1日の大都市で、27人がついた嘘がやがて大騒動に発展していく様子を描いた作品です。
この映画に「美肌だと思う男性タレントは?」という調査結果で第1位に輝いた岡田将生さんが出演しています。因みに2位は羽生結弦、3位は向井理だったそうです。
3人の共通点は“肌に透明感がある”“肌のキメが細かい”ということで、中でも1位の岡田将生さんは彫刻のような顔立ちと、ツルリとしたモテ肌の持ち主で、最近ではこれが女性が注目する最大のポイントのようです。
岡田将生さんは1989年8月15日生まれ(25歳)で16歳から俳優活動を始めていて、今や若手とはいえ押しも押されもしない存在の俳優さんです。
美肌・イケメンに加えて高身長で、ビジュアル的にパーフェクト!! 天は二物以上の物を与える事があるのですねぇ。

 

TOP画像出典:http://ikemen.beauty15.com/wp-content/uploads/2014/03/600a360ef927ed7d42a76ae43de4620d.jpg

岡田将生01

出典:http://www.magabon.jp/special/voice/265_01.html

 

男のシミ予防

シミになる要因は色々あるのですが、その中での大きなウエイトを占めるのは紫外線と加齢です。
シミを増やさないためには、普段から無駄な紫外線を皮膚に当てないように配慮することが大切です。
潤いのある肌と乾燥した肌とでは、紫外線による影響度が大きく異なり、乾燥した肌は紫外線の刺激に対する防御力が弱くなるそうです。
そこで、シミの予防にはなんといっても保湿ケアが重要になってくるのです。
今は、男性でも日焼け止めを塗ることはごく当たり前となりつつある時代です。
メンズの日焼け止めクリームも、豊富な種類が販売されていますので、自分の肌質に合いそうな商品を選んで紫外線対策をして下さい。
紫外線対策=シミ対策と考えて下さい。
また、ストレスをためないこともシミ対策には重要なのだそうです。
ニキビや吹き出物と違い、シミは一度できたら自然と消えることはないそうですから、
シミになる前にシミ防止対策を始め「モテ肌」目指しましょう。

岡田将生02

出典:http://www.skincare-univ.com/article/000702/




Sponsored Links


 

体の中からシミを防ぐ

シミ対策の基本は日々のスキンケアと紫外線対策ですが、体の中からシミを防ぐには、毎日の食事が大切です。
体の中からシミを予防するには、抗酸化物質を多く含む食材がいいそうです。
ビタミンEを含む食材として、
・スジコ、イクラなどの魚介類
・モロヘイヤ、赤ピーマンなどの野菜類
・アーモンドなどのナッツ類
などがおすすめです。
また、ポリフェノールを多く含む
・赤ワインや緑茶、ココアなどの飲料
・リンゴ、ブルーベリー、プルーンなどのフルーツ類
・生姜、ウコン、ムラサキ芋などの野菜類
なども抗酸化作用に優れています。
さらに、ビタミンCには、シミの原因であるメラニンの発生を抑える効果があります。
様々な食材から摂取できるビタミンCですが、ストレスや喫煙によって壊れやすい性質を持っていますので、ストレスを解消し、禁煙する事もシミ対策の一つといえるかもわかりません。
コーヒーに含まれるポリフェノールも高い美容効果・アンチエイジング効果が期待できるらしいので、コーヒー大好きの方は嬉しいですね!

wa

出典:http://www.kansai-marinet.com/

 

モテ肌を貫いてアンチエイジング

男性のスキンケアも今や常識となりました。
スキンケアをする理由は肌を「加齢」による老化から守る為です。

男性もちょっと気を使って肌のお手入れをすると、驚くほどツヤとハリのあるモテ肌になれるのです。
男性だって女性と同じように活力のある肌・若々しい肌で居られることは人生を楽しくするに違い無いはずです。
人間関係、不摂生、寝不足などさまざまなストレスを感じることが多い男性こそ、アンチエイジングに取り組むべきではないでしょうか。
他人に「老けた」印象を与えるのは、疲れた感じのする顔と前かがみの姿勢です。
自分で肌ケアしていればそれだけで自信に繋がり、背筋もピンと伸びてくるはずです。
いつまでもハリのある肌を保っている男性は、年齢よりも若く見え、内面もイキイキとしていることでしょう。
そんな男性は女性にとっていつまでも魅力的な存在となります。

つまり、エイジングケアで磨かれた「モテ肌」が「モテ男」を作るのではないでしょうか。
これから日に日に紫外線量は増加します。

「まだ暑くないから」と油断しないで、きっちりと紫外線対策を行い、化粧水、乳液などでスキンケアを怠らないよう心がけて、若々しく活き活きした「モテ肌」を保ちましょう!!

 




Sponsored Links








Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 844,266 人
RETURN TOP