アンチエイジングの学校

女優やモデルや美魔女が実践しているUVカット法は?

この記事は4分で読めます




Sponsored Links


もうすぐ、日焼けシーズン到来ですね。

「健康的で良い!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、

やはり、「色白でシミ・そばかすのないすべすべお肌でいたい!」という方の方が、多いのでは無いでしょうか?

なんといっても、日焼けは老化を促進したり、肌トラブルの原因になりますからね。

 

私は色が白いため、日焼け止めを塗らないと、

やけどしたかのように、真っ赤っ赤になってしまうので、

露出している箇所は、「これでもか!」と塗ります。

 

しかし、それだけでは十分では無いのですね。

 

芸能人の方々は、もっとちゃんとUVケアをしていらっしゃるのです。

今回は、芸能人の方々のケアの仕方を学んでみましょう。

 

深田恭子さんの場合

歳を重ねるごとにキレイになっていく深田恭子さん。

その秘訣の一つは、やはり徹底したUVケアのようです。

 

いつでも日傘をさし、アームカバーも忘れないそうです。

 

そして、ファンデーション。

UVカット効果のあるファンデーションを使っているという深田恭子さんですが、

実は、パウダーファンデ―ションは紫外線散乱剤と似た効果があるんです。

 

詳細は、後ほど記載しますね。

 

スクリーンショット 2015-02-03 11.21.41

 

壇蜜さんの場合

最初から、日焼けをする時間帯に外出しないという壇蜜さん。

 

その他にも、 日焼け止めを顔と身体とで使い分けているそうです。

 

顔は、ファンデーションでもUVカットができるからということで、

ちょっと薄めの日焼け止めを使用し、且つ幅広の防止も被るそうです。

 

また、体の方はちょっと濃い目の日焼け止めを使用し、

且つカーディガンなどを羽織って外出するとのことです。

 

スクリーンショット 2015-02-03 11.22.58

 

高橋ひとみさんの場合

愛犬の散歩という短時間の外出であっても、対策は万全です。

まずは、日焼け止めを塗り、帽子にサングラスで顔をUVから守ります。

それから、ハイネックの服を着て、UVカット手袋もつけることで、身体もUVから守ります。

 

車の窓にはスカーフをたらして日よけにしているそう。

家の中も遮光カーテンで閉めっぱなしだとか。

 

日焼けを気にするため、ハワイへは行かず、ゴルフも自粛しているそうです。

 

スクリーンショット 2015-02-03 11.24.18

 

日焼け止めとファンデーションの効果

皆さんも、お化粧の前に日焼け止めを塗られていると思いますが、

どのくらいの量を塗られているでしょうか?

 

日焼け止めの効果を最大限に引き出すために、

顔全体に塗るとすると、1回に500円玉1枚分になるそうです。

 

「え?そんなに塗ったらベトベトになるじゃない!」と思われるでしょうが、

日焼け止めのSPFの数値は、『1㎠あたりの皮膚に、

2mgの日焼け止めを塗った時の効果を測定』しているので、

この量が必要というわけです。(※SPFの数値:紫外線B波をカットする効果のこと)

 

こんなに塗らなくてもUVをうまくカットするためにはどうしたら良いのか?

 

それが、ファンデーションなのです。

ファンデーションにはパウダー、リキッドなどがありますが、

パウダーをオススメしたいと思います。

 

UVカットを謳っているものがありますが、

パウダーファンデーションなら普通のものでも、

紫外線散乱剤と似た効果があり、紫外線を跳ね返してくれるのです。

 

米倉涼子さんの場合

上に記したようなUV対策の他に、

ビタミンCを摂取するように心がけているというのが米倉涼子さん。




Sponsored Links


毎朝グレープフルーツジュースを飲んでいるそうです。

 

スクリーンショット 2015-02-03 11.37.08

 

綾瀬はるかさんの場合

綾瀬はるかさんは、家の中にいるときでも、日焼け止めを塗っているそうです。

紫外線の強い夏だけでなく、秋冬でも塗るという徹底ぶり。

 

また、紫外線のダメージを抑えるために、ビタミンCを多くとることも意識しているそうです。

忙しいときでも果汁100%のジュースを飲んでいるとのことです。

 

スクリーンショット 2015-02-03 11.40.45

 

ビタミンCの美肌効果

ビタミンCは美肌に効果があるのは、皆さんご存知のことと思います。

では、具体的な効果をご存知でしょうか?

 

①シミやくすみの改善

②毛穴の黒ずみの改善

③皮脂分泌の抑制

④しわ、たるみ、ニキビの凹凸の改善

⑤新陳代謝の促進

⑥毛穴の引き締め

⑦ニキビの改善

⑧ニキビ跡の改善

 

などが挙げられます。

 

 

肌は、紫外線を浴びると、表皮細胞が刺激され、防御機能であるメラニンを作ります。

それは、肌を黒くして紫外線から体を守るためです。

 

けれど、紫外線にたくさんあたって、メラニンが異常生成されると、

肌に沈着してシミやくすみができることは、皆さんもご存知のことと思います。

 

ビタミンCには、

 

 

①メラニンの生成を抑制

②沈着したメラニンを白色に

 

 

という2つの効果もあるため、シミやくすみの予防や改善に効果があるのです。

 

スクリーンショット 2015-02-03 12.05.07

 

ビタミンCの効果的な摂取法

体外から摂取

美容液などから摂取する方法ですが、

ビタミンCは色素沈着が強いため、昼間の外出前につけると、シミやそばかすの原因になります。

 

ですので、外出しない(日光を浴びない)夜にだけつけるようにしましょう。

 

体内から摂取

一度にたくさんとっても短時間で外に排出されてしまうのが、ビタミンCのの欠点です。

ですので、ビタミンCを食べ物から摂取する場合は、次のことを守って摂取するようにしましょう。

 

①1日に数回に分けて摂取

②ビタミンP、カルシウム、マグネシウムと一緒に摂取⇛摂取率UP

③空腹時より満腹時

④朝に摂取

 

ビタミンCは、水溶性のため、過剰に摂取しても尿として体外に排出されます。

そのため、過剰摂取による副作用は無いと言われています。

安心して摂取することができますね。

 

自分のためにできること

ここまで読んでいただいて、もうお分かりですね。

 

芸能人に肌は、徹底されたUVカットからなっているのです。

皆さんも、身近なところから取り入れてみてくださいね。

 

①日焼け止めを顔と身体に塗る。

②ファンデーション(パウダー)を塗る。

③つばの広い帽子をかぶる。

④サングラスを掛ける。

⑤カーディガンやアームカバーをつける。

⑥車窓にはスカーフをかける。

⑦遮光カーテンを使う。

⑧なるべく日中は外出しない。⇐これは難しいですね。

⑨ビタミンCを朝に摂取する。

 

紫外線対策に気を使うだけで、白くてきれいなお肌を手に入れちゃいましょう。




Sponsored Links






あわせて読みたい



Sponsored Links






紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 803,933 人
RETURN TOP