アンチエイジングの学校

日焼けには保湿クリームで対策?マスクでUVカットもおすすめ?自転車にもテニスにもアウトドアにも効果的?

この記事は3分で読めます




Sponsored Links


日ごろから紫外線に気をつけて日焼け予防をしているあなたは、夏の強力な紫外線対策も万全ですか。
日焼けはしたくないけど、夏のアウトドアも楽しみたいですよね。
でも日焼け予防をしないで紫外線を浴びたら大変。
そこで、強力な紫外線対策グッズをチェックして日焼け予防とアフターケアの方法を探してみました。

TOP画像出典:http://pic.prepics-cdn.com/fumifumi64/33342546.jpeg

日焼け対策には保湿クリームが重要?

50〜70代になってもつやつやのお肌の芸能人もいらっしゃいますし、20代半ばに見える40代の美魔女がテレビに登場していることもありますが、若々しい美肌には本当に驚かされますよね。

彼女たちに共通しているのは、やはり、日焼け対策と保湿です。

洗顔の時に顔を冷水で冷やして、たっぷり化粧水と保湿クリームを塗ること。

また、日焼け止めクリームを塗る前にも、たっぷり保湿をしてからクリームを塗ることで、ぷるぷるのお肌がキープできるそうです。

お肌の水分が足りなくなると、紫外線のダメージを受けやすくなるので、保湿がとても大事ということですね。

 

日焼け止めの塗り方はどうすると効果的?スプレーも便利

日焼け予防に日焼け止めクリームを使うのは、肌ケアを考えている人にとっては常識ですね。
しかし、日焼け止めクリームを正しく塗っているかは要チェックです。

日焼け止めクリームが規定の量より少ないと、本来の効果が期待できません。
いくら予防効果の高い日焼け止めを使っても残念な結果になってしまうのです。
また、正しく塗っても、長い間紫外線を浴びているような時は、例えプールなどに入ったりしない場合でも汗などで流れ落ちてしまうので、必ず3時間おきに塗りなおすことが大切です。

最近では、日焼け止めスプレーなども販売されているので、お手軽簡単に日焼け止めを塗ることができるようになってきたので、うれしいですね。

日焼け対策には服や帽子が効果的

なんと言っても夏の紫外線は強力です。服の上からも容赦なく降り注ぎます。
屋外で活動するときは必ずUVカット加工の服を着るようにしましょう。

帽子をかぶることで顔に降り注ぐ紫外線を大幅にカットできますし、最近はおしゃれな日焼け対策グッズも販売されてますので、UV対策も楽しめるようになってきましたね。

荒関克子_150623_日焼けをしたくないあなたのための、効果的な日焼け予防とアフターケアの方法は【画像01】
出典:http://pic.prepics-cdn.com/2105c5dd3c526/45694841.jpeg

日焼けには保湿クリームとたっぷり化粧水がいい?

どんなに注意して日焼け予防をしても、それでも日焼けしてしまったということはよくありますね。
どんなに予防しても屋外に長時間いた場合は、ある程度の日焼けは避けられません。




Sponsored Links


そんな時は、日焼けでシミやシワを作らないようにするためのアフターケアがとても大事になってきます。

赤みや痛みがないからといって安心してはいられません。
日焼けした肌は、いつもより乾燥しているので十分な保湿をしましょう。
また、日焼けは火傷の一種ですからよく冷やすことが大事です。
冷やしておいた化粧水と保湿クリームを普段よりもたっぷりめに使ってくださいね。

 

荒関克子_150623_日焼けをしたくないあなたのための、効果的な日焼け予防とアフターケアの方法は【画像02】
出典:http://pic.prepics-cdn.com/2105c5dd3c526/45662740.jpeg

日焼けケアにいい食べ物と効果効能

屋外で長時間過ごした日は、身体の中からも日焼けのアフターケアを心掛けましょう。

特に、日焼けした肌にはタンパク質、ビタミンC、β-カロテン、ビタミンEが有効だと言われています。
タンパク質は肌の構成成分ですし、ビタミンCはメラニンの過剰生成を抑制し、美肌効果があると言われています。
β-カロテンは肌表面の角質の保湿機能を保ち、皮膚の粘膜を保護・強化し、抗酸化作用により紫外線の害から肌を守ると言われています。

ちょっと日焼けしちゃったかなと感じたら、これらの栄養素を豊富に含むお肉やカボチャ、ナッツ、果物等を摂ることをお勧めします。

肌の新陳代謝を良くしてターンオーバー(生まれ変わり)を早めるためにも、肌に良い栄養素が含まれている食べ物を積極的に取りましょう。
*紫外線でのダメージを抑える6つの栄養素*

ビタミンC
メラニンの過剰生成を抑制し、美肌効果がある。
抗酸化作用で紫外線の害から肌を守る。
みずみずしい肌の基本であるコラーゲンの合成にも必要。

ビタミンE
血行をよくし、肌の老化防止になる。
抗酸化作用で紫外線の害から肌を守る。

タンパク質
肌の構成成分なので補給が欠かせない。

ビタミンB2
脂質の代謝を促進し、健康な皮膚や髪を作る。皮膚を保護する。

β-カロテン
肌表面の角質の保湿機能を保つ。皮膚の粘膜を保護、強化する。
抗酸化作用で紫外線の害から肌を守る。

ビタミンB6
タンパク質や脂質の代謝に関わり、健康な皮膚や髪を作る。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

美しい肌をしているだけで、見た目の魅力は数十パーセント増しに見えるそうです。

日焼け対策はファッションも食事も楽しんで、美しい肌を守っていきましょうね。




Sponsored Links






あわせて読みたい



Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 856,430 人
RETURN TOP