アンチエイジングの学校

栗の渋皮の栄養とカロリーは?渋皮煮を簡単に作るには?渋皮むきと保存はどうする?

この記事は2分で読めます




Sponsored Links


みなさんは栗を食べますか?
天津甘栗や栗きんとん、栗ごはんなどがポピュラーなものですが、それほど頻繁に食べないという人も多いのではないでしょうか。
実は栗にはとても美容や健康に良い成分が含まれているのです。
これを読めばもっと栗を食べたくなりますよ。

栗の渋皮の栄養とカロリーは?効能はダイエット効果も?

栗の実には疲労回復や脂肪燃焼に効果のあるビタミンB群や美容効果の高いビタミンC、その他、カリウムやビタミンDなどの栄養素が豊富に含まれています。

しかし、栗を料理する時に捨ててしまいがちな渋皮にも美容や健康に役立つ栄養が含まれています。

それがポリフェノールの一種であるタンニンです。

タンニンには強い抗酸化作用があり、老化防止や動脈硬化・高血圧の予防、さらに脂肪燃焼などのダイエット効果・効能もあります。
ただ、栗はカロリーが高いので食べ過ぎには注意しましょう。

栗の渋皮のポリフェノールの効能は老化防止効果?

健康への意識が高まっている昨今、ポリフェノールという言葉も一般的になってきました。

では、ポリフェノールとはどのようなものなのでしょうか。

ポリフェノールは植物特有の成分で、赤ワインに含まれるアントシアニンやレスベラトロール、蕎麦に含まれるルチン、緑茶に含まれるカテキンなど多くの種類があり、その数は4,000種類以上とも言われています。

それぞれに様々な効果がありますが、共通しているのが強い抗酸化力です。

ポリフェノールを摂取することで体が酸化するのを防ぎ、いつまでも若々しい体を維持することができるのです。
ただ、ポリフェノールの抗酸化力は3時間程度で失われるため、こまめに摂取することが理想的です。




Sponsored Links


栗の渋皮のアンチエイジング効果

ここで、抗酸化作用について説明しましょう。

私たちの体が老化するのは、体内に活性酸素というものが作られて、それによって体が酸化し錆ついてしまうからです。

リンゴが変色したり鉄が錆びたりするのも酸化が原因です。

抗酸化作用とは、この活性酸素を無力化して体の酸化を妨げる働きのことです。
栗の渋皮に含まれるタンニンは抗酸化作用が強いため老化防止、アンチエイジングに効果があるのです。

栗の渋皮煮を簡単に作るには?渋皮むきと保存はどうする?

ここまでの話を聞いて、栗の渋皮を捨てることがとてももったいないことだということがお分かりいただけたでしょうか。

しかし、渋皮はその名のとおり渋い味がするので食べにくいものです。

そこで栗の渋皮煮にして食べることをお勧めします。握力鍋を使うことで、とても柔らかくなり、味が深まります。

はちみつや黒糖で煮込んでもとても栗の旨みを引き出してくれるのでおすすめです。

栗の渋皮煮は甘さ控えめで食べ応えもありますから、おやつに最適です。
渋皮は食物繊維も豊富で便秘の解消にも役立ちますから、美容と健康にとても効果的な食べ物なのです。

渋皮向きには、果物ナイフなど、手に持ちやすいものですとカットしやすいです。

保存は、密封できるガラス瓶などで、冷蔵庫で保存すると長持ちします。

季節の味覚を味うことで、心身に豊かさを感じられますし、健康にも美容にもよいので、自分自身をいたわる食とのお付き合いになりますね。




Sponsored Links






あわせて読みたい



Sponsored Links






紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 802,285 人
RETURN TOP