アンチエイジングの学校

井川遥に学ぶ しなやかなボディラインを作るウォーキング

この記事は2分で読めます




Sponsored Links


年齢を重ねるに連れて、女性らしい美しさが増している井川遥さん。
彼女が表紙を飾っている雑誌は、30代、40代の女性を中心に大人気です。
井川遥さんのようなナチュラル美人、年齢を重ねることで、より美しく輝いてく女性に憧れますよね。
どんな美容法を実践されているのかと思ったら、難しいことではなく、ヨガやウォーキングといった実践しやすいものでした。
そこで今回は、井川遥さんのしやなかなボディラインと、それを作っているウォーキングをご紹介します。

 

井川遥さんの美容法

細すぎず、太すぎず、女性らしい曲線とスッキリさを併せ持つ身体を作ることを、心がけているそうです。
筋肉をつけすぎるようなトレーニングではなくて、たるみをなくして引き締めるような方法ですね。
日常生活でも、身体の芯(軸)を意識しながら良い姿勢で過ごすことで、徐々に美しい筋肉になると考えて、実践されているそう。
特に歩くことを大切にしていて、ウォーキングを日課にされています。
ただ歩くだけではなく、足の動かし方、スピード、筋肉を意識しながら歩くのがポイントですね。
小さなことを心がけて、コツコツと積み重ねることで、しなやかなボディランを作りあげていっている井川遥さん。
ちょっとした意識で変わることを実証されていて、励まされますね。

 
igawa002s
出典:http://marioda.blog105.fc2.com/blog-date-201203.html

 

ウォーキング方法

ウォーキングの方法は、大きく分けて4つ。
姿勢、腕の振り、足の出し方、スピードです。

 

姿勢

背筋を伸ばして、頭から大地へと、身体の中心に1本の線が通っているのをイメージします。
あまり身体が左右に揺れないように、心がけましょう。
疲れてくると、アゴが出やすくなってきますので、アゴをひくことも意識しておきたいですね。

 

腕の振り

腕は軽く曲げて、肩甲骨を動かすことを意識しながら振ります。
猫背になると、肩甲骨周りの筋肉が固くなり血流が悪くなるので、ウォーキングをしながら動かしてほぐしていきましょう。
腕を振ると足が前に出やすくなるので、少し大きめに振るのがポイントです。




Sponsored Links


 

足の出し方

かかとから着地して、つま先で蹴りだします。
井川遥さんは、骨盤を前に出すようなイメージをされているそうです。
足は曲げすぎず、身体が上下しすぎないようにすることも、長く歩くコツになります。

 

スピード

感覚としては、速足になります。
無理しすぎず、普段の歩くスピードよりも早いくらいから始めましょう。

 
aac233fcf2eead7525a98d96c4a214ee_s

 

ウォーキングのポイント

いきなり歩き始めるのではなく、足首などのストレッチをしてから始めましょう。
歩く時間帯は、季節や体調に合わせて選び、暑い季節は水分補給を忘れずに。
井川遥さんは、歩きながら、ふくらはぎや太ももなどの筋肉を意識されているそうです。
この、ちょっと意識することも、大切にしたいですね。
また、毎日歩かなければならないと決めつけてしまうと、ストレスになってしまいます。
雨の日や体調がすぐれないときは、思い切ってお休みしましょう。

 
hair-41
出典:http://folk-media.com/30111

 
継続させていくには、何事も楽しく実践することが大切ですね。
街中を歩くウォーキングは、好きな音楽を聴きながら歩いたり、季節ごとの景色を楽しむことができるので、楽しく実践しながら継続させやすいと思います。
私が先日お話を伺った整体の先生は、身体の歪みを改善したり、良い筋肉の付け方をするのには、ウォーキングが良いとも言われていました。
難点は、夏の暑さと冬の寒さに勝てるかどうかと、すぐに効果が体感できるわけではないので、コツコツと継続させられるかですね。
歩きやすい気温の、春や秋から始めるといいかもしれませんね。
柔らかい曲線とすっきりした筋肉を作る意識を高めて、井川遥さんのような、しなやかなボディランを目指しましょう!




Sponsored Links






あわせて読みたい



Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 844,065 人
RETURN TOP