アンチエイジングの学校

赤ワインの効果効能と栄養のポリフェノールに注目?篠原涼子のスタイルの美しさに学ぶ

この記事は2分で読めます




Sponsored Links


最近は日本でもワインを飲む人が増えていますね。
毎年11月のボジョレー・ヌーヴォー解禁は、年々大きな話題になっています。
有名人の中にも、ワイン好きな人がたくさんいます。
出産され母となっても変わらない健康美を保っている篠原涼子さんもその一人で、赤ワインをよく飲まれているそうです。
不規則で忙しい生活の中でも変わらない若さとスタイル美しさ。
そこに一役かっているのが、赤ワインの効能の1つである抗酸化作用ではないでしょうか。
その赤ワインと抗酸化作用について、お伝えしていきます。

 

赤ワインの効能 抗酸化作用

ぶどうの皮にはポリフェノールが多く含まれています。
赤ワインはぶどうの皮ごと潰して作られるので、赤ワインにもポリフェノールが含まれているのですね。
ポリフェノールは酸化しやすい成分で、体内にある有害物質の活性酸素と、素早く結びつきます。
これが、抗酸化作用ですね。
活性酸素は血流を悪くするため、動脈硬化などに繋がるだけでなく、ニキビやシミ、お肌の老化など、美肌の大敵でもあります。
血流を良くしながら、細胞を元気にすることで、お肌もいきいきとさせていきましょう。
536fafedb867bda2554d90ba06694079_s




Sponsored Links


 

赤ワインの効能

赤ワインの成分の中で、レスベラトロールというポリフェノールの一種が注目されていて、細胞の老化を防止すると言われています。
細胞の長寿遺伝子を活性するそうです。
また、プロアントシアニジンという成分は、細胞の再生に必要な成分で、シミの改善に効果があるとされています。
そのほかにも、アントシアニンという目の疲れに良い成分や、脳を活性化するマグネシウムも多く含まれています。
546efaedd497726bc4c5852fd9e9a835_s

 

効果的な飲み方

美肌や健康に良いとは言っても、やはり飲み過ぎはよくありませんよね。
ワインは、1日にグラス1~2杯程度が適量と言われています。
熟成された赤ワインの方が、より多くの成分が含まれているということなので、少し高めの赤ワインを、女優さんのような気分でグラス1杯楽しむ。
そんな飲み方もいいですね。
1168_original
出典:http://topicks.jp/1168
フレンチパラドスクトという言葉を聞いたことはありますか?
フランス人は肉類を多く食べるのに、動脈硬化が少なく、わりと健康な人が多いのはどうしてだろう?という意味の言葉だそうです。
それには赤ワインが関係しているのでは?と、研究がされているそう。
日々、研究されていく情報を敏感にキャッチして、上手に生活に取り入れながら、アンチエイジングに活かしていきたいですね。




Sponsored Links








Sponsored Links






紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 803,933 人
RETURN TOP