アンチエイジングの学校

ほうれい線を消す方法は簡単にリンパとツボで効果がある?たるみを消す対策は化粧品かエステか整形か?睡眠と食事?

この記事は3分で読めます




Sponsored Links


女性が年齢を重ねるとともに気になってくるのが「ほうれい線」や「たるみ」ではないでしょうか。

人によって対策方法は異なりますが、何とかしたいという思いは同じですね。

なぜほうれい線やたるみができてしまうのか?

原因や対策方法を知って、これからのお肌のお手入れに取り入れて予防対策に役立てましょう。

TOP画像出典:https://pixabay.com/static/uploads/photo/2014/05/27/07/14/beauty-355157__180.jpg

ほうれい線やたるみの原因

まず、ほうれい線ができる大きな原因に「お肌のたるみ」があります。

年齢を重ねるとともに顔の皮膚がたるんできますが、このたるみは目の周りや頬、そして首のラインなどにあらわれやすく、たるんだ部分には癖がついてしまってシワやほうれい線になってしまいます。

お肌のたるみは人の表情を司る顔の「筋肉」と「筋膜」が関係しており、笑ったり怒ったりする時に口角を広げたり眉間にシワを寄せたりしますが、実はこの動きは全て顔に表情筋があるからできる表情です。
この表情筋が伸縮することによって表情を作ることができるのですが、年齢を重ねるとともに頬を引き上げて表情筋や肌の土台から支える筋膜が衰えてくると、重力に負けてたるみができ、ほうれい線が刻まれていくということになります。

そしてお肌のたるみのもうひとつの原因となっているのが「紫外線」で、長時間紫外線を浴びることはお肌に良くない事は多くの人たちがご存知だと思います。
お肌のハリというのはコラーゲンエラスチンで維持されていますが、紫外線を少しずつ短時間であっても大量に浴びることによってコラーゲンやエラスチン、そしてこれらを作りだす細胞が傷ついてしまって生成が減少していきます。
そうなるとハリがあったお肌は紫外線によるダメージによって少しずつ艶やかさを失い、たるみとほうれい線のシワが少しずつ現れます。

この紫外線というのは実はお肌の老化のスピードを速めてしまう原因の中の最も大きな原因となっています。

ほうれい線やたるみを消すにはどうしたらいい?

ほうれい線やたるみを気にしながら日々を過ごしていては気分が滅入ってしまいますね。

何とかして対策をしたいものですが、ほうれい線やたるみを消すにはどうしたらよいのでしょうか。

まず外側からのケアとして、美容成分にこだわった基礎化粧品を使用することをおすすめします。

実はほうれい線で悩んでいる人の肌に適していない化粧品選びをしている人は、意外にたくさんいます。
ほうれい線を消す化粧品選びで注目したい成分は「保湿成分」と「肌弾力を高めてくれる成分」が含まれている化粧品です。
・セラミド→保湿成分
・ヒアルロン酸→保湿成分
・コラーゲン→肌弾力成分
・エラスチン→肌弾力成分
・ビタミンC誘導体→コラーゲンの生成をサポート

保湿成分と肌弾力成分の2点が含まれている化粧品であることに加えて、プラスアルファが期待できる美容成分が配合されている化粧品を選びましょう。

毎日使い続けることで、リフトアップしたお肌が期待できます。
また、美容エステに行くという方法もあります。

エステに行くことで肌の様々なトラブルが解消できるという心強さがあり、美容エステでは「リンパマッサージ」「リフトアップマッサージ」「フェイスパック」などを行います。
・リンパマッサージ
マッサージで顔の筋肉をほぐすことで血流がよくなってリンパに溜まった老廃物が排出されます。




Sponsored Links


ほうれい線は顔についてしまった脂肪やむくみなどによりできてしまうため、リンパを流すことで余分な水分や老廃物が取り除かれて、ほうれい線が目立たないキュッと引き締まった顔になります。
・リフトアップマッサージ
骨格に沿って、顔の下から上へと顔全体がリフトアップするように引き上げるマッサージで、ほうれい線やたるみはもちろんのこと、むくみも解消されてすっきりとしたフェイスラインになります。
・フェイスパック
コラーゲン、ヒアルロン酸、そして海藻エキスなどの美容成分がたっぷり含まれているオリジナルのフェイスパックで肌に潤いとハリを与えてくれます。
最後に「整形」という方法もあります。

ただ、「費用が何十万円もかかるのでは」と不安に感じてしまいますが、どの方法を選択するかによって異なります。

安いものであれば3万円ほどでできますので、場合によっては高い化粧品を買い続けてお肌のケアをするよりも美容整形をしたほうが費用が安く抑えられるということもあります。
最近ではメスを使用しないほうれい線やたるみ治療として「ヒアルロン酸注入」が人気です。

注射器を使ってシワやたるみが気になる部分にヒアルロン酸を注入する方法ですが、このヒアルロン酸の効果はいつまでも続くものではなく数か月から数年で体に吸収させて元の状態に戻りますので、定期的な注入が必要となります。

また、メスを使用する方法としての治療は脂肪や皮膚を取り除くという方法があります。

こちらの場合はヒアルロン酸注入とは違って効果が続きますので、シワやたるみの状態がひどい場合やしっかりと効果を実感したいという人にむいています。

以上のようにほうれい線やたるみを消す方法は様々です。

「必ずこの方法でなければならない」というものではありませんので、自分の考えに合ったものを選びましょう。

ほうれい線やたるみを睡眠と食事で改善して顔と心をリフトアップ

保湿成分や肌弾力成分が含まれている化粧品やエステ、そして整形と様々な方法でほうれい線やたるみを改善することができるということがわかりました。

これらに加えて日々の生活の中で対策を取ることも大切です。
・上質な睡眠、定期的な運動
年齢を重ねるとともに成長ホルモンの分泌が低下してしまいます。

上質な睡眠と定期的な運動は成長ホルモンの分泌を促しますので、お肌のハリを保つだけではなくほうれい線を予防するのにも役立ちます。
・バランスがとれた食事を摂る
私たちに不足しがちだとされている栄養素は「ビタミン」「ミネラル」「必須アミノ酸」「必須脂肪酸」です。

これらの栄養素はお肌のハリを保つコラーゲン線維の生成を助けてくれる役割がありますが、体内では生成できない栄養素ですので、食べ物から摂取しなければなりません。

特に不足しやすい栄養分に関しては食事だけではなくサプリメントで補うのもよいでしょう。

このように日々の生活の中でもしっかりと対策をとることでほうれい線やたるみが改善され、顔だけではなく心もリフトアップできるのではないでしょうか。

ほうれい線とたるみの対策は体の外からと中から早めに始めよう

エステや整形、そして化粧品なども最近では素晴らしく進化したため、肌のハリを取り戻したり、ほうれい線やたるみを目立たなくすることが出来るようになりました。

ただ、対策は早いうちから始めることが大切です。

予防するのであれば30代から始めると効果的でしょう。

しっかりと対策をしていつまでもハリや弾力がある肌でいたいですね。




Sponsored Links






あわせて読みたい



Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 933,464 人
RETURN TOP