アンチエイジングの学校

卵子の老化防止は食べ物とサプリで予防できる?ピルで防ぐことができる?妊娠力をアップするには?妊娠のための若返り方法を公開!

この記事は3分で読めます




Sponsored Links


肌や内臓などの器官は年齢を重ねるとともに老化していきますが、実は卵子も老化することをご存知でしょうか。
 
一度老化してしまった卵子は若返ることなく、妊娠や出産に影響を与えてしまいます。
 

きちんと卵子の老化を防止をして妊娠、出産を無事に迎えましょう。
 
TOP画像出典:http://busitry-photo.info/wp-content/uploads/m007-143-167×111.jpg
 

卵子の老化はいつから始まるの?

実は女性は生まれながらにして卵子の元となる「原子卵胞」を持っていますが、後から増えることがありません。
 
卵子は胎児の時が人生の中で一番多く、両側の卵巣を合わせておよそ700万個もの卵子を抱えています。
 
生まれた瞬間にこの卵子が半減し、そこからさらに減り続けて初潮を迎えた頃には卵子の数は10分の1にもなっているのです。
 

つまり、排卵が始まる頃にはおよそ9割もの卵子が消失していることになり、更にその後は卵子が減少するスピードが加速し、1つの卵子が排卵の状態に入るたびに数百個の卵子が消失してしまいます。
 

これは閉経になるまで何度も繰り返される過程で、高齢出産の年齢とされている35歳以上になると、卵子の数が2万個~3万個になりますので、だんだん妊娠しにくくなると言われている理由です。
 

また、卵子の形は元々きれいな円形の卵子ですが、老化とともに少しずつ楕円形やいびつな形のものが増えて、受精や着床しにくい状態に変わっていきます。
 

最近では実年齢には見えないほどの若さと美しさを保つ女性が増えていますが、残念ながら卵子の年齢というのは女性の見た目とは全く関係ありません。
 
卵子の老化というのは特に40代以降に加速していき、41歳と42歳では全く違うものといっても過言ではないくらいに老化が進んでしまいます。
 

つまり、卵子の年齢と実年齢は比例しているということになりますね。
 

たとえ高齢出産と呼ばれる年齢であっても、妊活力をアップさせて妊娠を望む女性は多いことでしょう。
 
そのためにもきちんと対策をすることが大切になります。
 

卵子の老化を防ぐには

妊娠や出産を無事迎えられるように、今からできることはしっかりと取り組んでおきたいですね。
 
残念ながら卵子の老化を防ぐことはできません。
 
これは体の老化と同じことで、年齢を重ねると体力が衰えたり肌にシワができるなど、様々な老化現象が起こりますが、この現象を防ぐことはできなくても老化のスピードを遅くすることは可能です。
 
では、どのような方法で老化を防ぐことが出来るのかと言うと、
 

・バランスのよい食事を摂る
・早寝早起きをする
・適度な運動をする

 

など、規則正しい日常生活を送ることによって体力はもちろんのこと、卵子の老化を遅らせることが出来ます。
 
また、卵子の老化は30歳代後半~40歳代前半に急激に加速しますので、その年代に入ったときには生活習慣に気をつけるようにすると効果がアップすることでしょう。
 
効果がアップするということは妊活力もアップすることにつながりますね。
 




Sponsored Links


卵子の老化を防ぐと妊娠力もアップ

年齢を重ねるとともに卵子の減少を防ぐことはできなくても、規則正しい日常生活を送ることで妊娠しやすい卵子を維持することが分かりました。
 
では、妊娠しやすい卵子、つまり卵子の質を高めるために、さらに卵子の老化を防止するための生活習慣についてご紹介しましょう。
 

・良質な睡眠
夜眠っている間に細胞が修復されますので、卵子の老化を防いで質を高めるためには、睡眠の質を上げることが大切です。
 
メラトニン」と呼ばれる睡眠ホルモンが傷んだ細胞を修復して卵子を酸化から守りますので、メラトニンの分泌を活性化するほど睡眠の質が高まって卵子の質が高まります。
睡眠ホルモンが多く分泌される夜10時~2時の間は、熟睡できるように寝る習慣つけましょう。
 

・冷え対策
女性に多い冷え性。
実はこの冷え性が卵子の大敵で、特に下腹部の冷えは子宮への血行を妨げてしまいます。
 
薄着や素足をやめて、下腹部全体を腹巻きなどで温めると効果があります。
 
また、タバコを吸っていると全身が血行不良のままになるということ、そしてタバコに含まれている数千種類もの化学物質が血管を狭くして血流を滞らせてしまいます。
 
禁煙したとしても体からタバコの毒性が抜けるのに数か月~数年かかるとされていて、毒性が残っている間は卵子の質が下がります。
 
卵子の質が下がることを防いで妊娠を望むのであれば「いつから禁煙を始めよう」と考えるのではなく、すぐに禁煙を始めましょう。
 

・運動習慣
幼い頃からあまり運動したことがなく、運動習慣がない人は不妊症になりやすいとされています。
 
ですので、運動をすることによって血流がよくなって卵巣から出るホルモンの分泌や子宮内の環境が改善されます。
 
さらに、不妊や子宮内膜症の悪化原因である「ダイオキシン」などの化学物質は、食事や呼吸で体内に蓄積されて、そのままにしておくと卵子の質が衰えてしまいます。
 
このような有害物質は運動をすることによって汗として体外に排出されますので、運動によるデトックスを習慣づけることがおすすめです。
 
また、妊娠の大敵である「ストレス」も運動することにより発散できます。
 
運動に関しては有酸素運動を意識して行うようにしましょう。
 
以上の生活習慣はすぐに変えることは難しいかもしれませんが、少しずつの工夫をして続けていくと体が反応してくれますので、できることから無理せずに生活の中に取り入れるようにしましょう。
 

卵子の老化を防止できるのは自分次第

卵子の老化は30歳代後半〜40歳代前半がピークであることをご紹介しましたが、現代では高齢出産が多くなりました。
 
「それなら年齢を重ねても子どもが産める」と思って仕事に集中する女性がたくさんいますが、年齢を重ねるとともに卵子は老化して不妊だけではなく、妊娠中のトラブルの可能性が高くなります。
 
元気な赤ちゃんを出産するためにも、規則正しい生活を心がけて妊娠しやすい卵子を維持していきたいものです。
 
もし妊娠、出産を望んでいるのであれば年齢に関係なく妊娠計画を見直してみると同時に、日々の生活を規則正しいものに変えていきましょう。




Sponsored Links








Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 939,163 人
RETURN TOP