アンチエイジングの学校

シャワーの温度調節と水圧の弱い強いは肌や髪や頭皮に影響するの?朝なのか夜なのかで健康が変わる?

この記事は2分で読めます




Sponsored Links


シャワーは髪や体の汚れを取るだけでなく、目の疲れや睡眠障害の改善から体の痛みの緩和、加齢臭の予防、ダイエットまで、健康と美容に効果があることをご存知ですか。
 
その効果を最大限にするためには、シャワーの温度や水圧、シャワーをする時間、朝なのか夜なのかも重要なのだそうです。
 
あの若返り健康法を実践している南雲先生もシャワー効果を活用しているそうですので、是非知りたいところですね。

TOP画像出典:http://pic.prepics-cdn.com/glitty/45999570_480x319.jpeg
 

シャワーの温度調節のコツは?

シャワーの温度で健康管理ができるなんてちょっと信じられないような気がしていたのですが、大東文化大学准教授早坂信哉先生は「1℃温度が違うだけでもその効果というのは非常に変わってきます」と言っています。
 
熱効果の境目は40℃とされ、40℃より温度が高いお湯は交感神経が優位になり、低いと副交感神経に優位になるのだそうです。
 
ですから目的に合わせてシャワーの温度を設定すると効果的です。
目覚めをすっきりさせたい場合は、熱めの42℃位に、リラックスしたいときは、38℃位の温度設定でゆっくりシャワーを浴びると良いそうです。
 
ちなみに南雲先生は、朝から真水の冷たいシャワーを浴びているそうです。
冷たいシャワーは体温調整中枢を活発化させ、深部体温を上げ、また血流を良くします。
これにより脂肪を燃やす働きが活発化し、ダイエット効果と若返り効果を得られるとのことですから、美ボディを追求するのであれば試してみたい方法ですね。




Sponsored Links


 

シャワーの水圧は強いか弱いかどっちがいいの?頭皮や肌や髪にはどうするといいの?

シャワーの水圧は、健康管理にとても有効な働きをしてくれます。
 
たとえば、目が疲れたときには、シャワーを6分間目の周りにあてることで、目の疲労回復が図れます。
また、耳の裏にある安眠ツボを刺激することで安眠効果が得られ、肩こりや腰痛には、痛い部分に当てて刺激することで痛みを和らげることができます。
 
さらには、足首、膝の裏、足の付け根、脇や鎖骨の順番で、リンパ節がある部分に刺激を与えることでリンパの流れが改善され、痩せやすくもなるようです。
 
水圧が強すぎると、頭皮を傷めて、肌や髪にもよくないので、優しいシャワーを浴びることがおすすめですよ。

 

シャワーは朝かと夜でどちらが健康にいいの?

では、シャワーは朝と夜で効果にどのような違いがあるのでしょうか。
 
のシャワーは、温度と水圧の刺激で交感神経を活発化させ、眠気の残った体を活性化させてくれます。
朝の目覚めが悪い方にはお勧めです。
 
また、朝シャワーを浴びることによって体温が上昇し血行が促進されます。
そのため代謝が上がり朝からエネルギー消費が活発になりダイエット効果も期待できます。
 
そのうえ、寝ている間に分泌された汗や皮脂を洗い流すことによって、日中の体臭予防になるなどのメリットがあります。
 
のシャワーには、疲れた体を癒し、安眠を促すという効果がありますので、自分にとってどれが重要かを考えてみるとよさそうです。

 

水シャワーで美ボディを手に入れよう

シャワーの効果をいろいろ見てきましたが、健康でかつ美しいボディを手に入れるためには、朝の水シャワーの効果は見のがせませんね。
 
南雲先生も実践しているということですし、試してみない手はないと思います。
 
朝の水シャワーはちょっと冷たそうですが、美は自ら作りにいかなければ手に入りませんので、果敢にチャレンジしてみましょう。




Sponsored Links






あわせて読みたい



Sponsored Links






紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 802,285 人
RETURN TOP