アンチエイジングの学校

夏バテの症状と対策は?原因の解消方法と防止する食べ物や料理を公開!

この記事は2分で読めます




Sponsored Links


夏バテになる時期は高温多湿の夏が主で、症状としては食欲不振や体のだるさがみられます。

夏の間に起こる体調不良が夏バテですが、夏バテから更に病気が重くならない様に、日々の体調を自分でチェックして、毎日元気に過ごしたいですね!

 

夏バテの原因と症状はどんなものがある?

夏バテの症状としてよく言われるのが「全身のだるさ」「疲労感」「睡眠不足」「倦怠感」「食欲不振」などがあります。

原因としてはいくつかありますが、まず、一つ目はエアコンによる室内と室外との急激な温度差によって体力を消耗する事が挙げられます。

二つ目は、冷房の効いた部屋に長時間いると自律神経の働きが悪くなる事があります。自律神経が上手く働かないと、胃腸の不調や食欲不振などを引き起こし、体調不良になる事があります。

三つ目は、夏の気候の特徴である高温多湿による発汗異常があります。体温調節が上手くいかず、汗が出にくくなったり、長時間の外出による発汗過剰によって体内の水分不足が起こり夏バテの症状が出る事があります。

また、暑さのせいで睡眠が浅く、睡眠不足による夏バテになる事もあります。このように、夏の気候は夏バテを引き起こす要因がいくつもあるので注意が必要です。

 

夏バテの原因にはストレスも関係ある?

夏バテの症状を自分でチェックして、体調管理に生かしましょう。

まず、なんとなく体がだるかったり疲れが取れにくいと感じたり、眠りが浅い、食欲不振や無気力などの自覚症状がある時には、夏バテの可能性があります。

夏バテの原因にはストレスもありますので、自律神経の働きが悪くなると消化器の働きも悪くなるので、胃もたれや食欲不振などの症状も現れる事もあります。

さらには夏バテにより、免疫力の低下も起こりますので夏風邪にかかりやすくなります。夏風邪にかかると、下痢や嘔吐、腹痛や微熱が数日続く事もあり、汗をかきやすくなりますので脱水症状にも注意しなくてはなりません。




Sponsored Links


 

夏バテの対策にいい食べ物や食材は?

夏バテの原因は生活習慣によると言われています。毎日の過ごし方をセルフチェックして、夏バテ対策を行いましょう。

「食欲不振」「全身の倦怠感」「やる気が出ない」「下痢や便秘になった」「頭痛がする」「めまいがある」「熱がある」「思考力が低下する」これらの症状は女性によく見られる夏バテの症状です。

症状が出る前の対策としては、疲労回復に効果がある食べ物を選んで摂ると良いでしょう。玄米や豚肉、うなぎなどの高タンパク質、高ビタミンの食材がおすすめです。山芋や豆類も良いでしょう。沢山食べなくてもいいので

質の良い食べ物をいただきましょう。また、室内では体を冷やし過ぎないように、エアコンの使い方に注意しましょう。エアコンの風が直接当たらない様にし、上着やひざ掛けなどで体温調節をしましょう。

そして、よく眠ることも夏バテ対策に有効です。疲れが溜まると夏バテしやすくなります。良い睡眠を取るために、寝る30〜1時間前にぬるめのお風呂に入ってリラックスし、布団に入ると良いでしょう。また、頭を冷やすことも安眠できるのでおすすめです。

 

 

夏バテを対策して美を守ろう

夏バテを起こしやすい時期ですが、普段からの生活リズムを乱さないようにして夏バテにならないようにしたいですね。

毎日、早寝、早起き、食事に気を付ける、適度な運動をする、などの基本的な事を注意して生活すれば、美容や健康の維持に繋がりますし、いきいきとした毎日を送る事ができます。

夏バテから、夏風邪や自律神経の病気になったりする事も考えられますので、たかが夏バテと侮らないで、注意が必要です。夏はお出かけの機会も多いので、毎日元気に過ごして楽しみたいですね!




Sponsored Links






あわせて読みたい



Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 820,147 人
RETURN TOP