アンチエイジングの学校

夏バテの予防対策は食事や飲み物が効果的?原因を予防する食材のおすすめは?

この記事は2分で読めます




Sponsored Links


これから梅雨だというのに、すでに初夏のような日差しと気温に体調を壊していませんか?

これから迎える猛暑に備えて、夏バテ予防に役に立つレシピで美容にも良いお食事をご案内したいと思います。

夏バテの原因には何がある?

日本の湿度の高さはここ最近のお天気でもよく分かりますね。

この高温多湿により体力の消耗をはじめ、体にたまった熱を外に出せなくなり発熱や胃腸障害を起こしそれが続く事で夏バテになってしまうのですよね。

主な夏なバテの原因として、自律神経の不調、水分の不足、胃腸働きの悪化などが挙げられます。

夏の暑さで大汗をかいたり、エアコンの冷気で冷えたりを繰り返す事で自律神経が疲れてしまい、めまいや食欲不振に繋がるといわれます。

また、水分の不足は熱中症にもつながりますので、十分に補給したいものですね。

夏バテの予防対策の食材や食事は何がいい?

とはいえ、暑いので冷たい飲み物を取りすぎる事も胃腸を弱める原因ともなるようですので、なるべく温かいものを食べたり、室温ぐらいの水分を取ることを意識すると胃腸の負担を軽減できますよ。

夏バテ予防には色々ありますが、夏の暑さに負けないためにも栄養を摂って体と美容のために、しっかり食事をとりたいところですね。

夏バテ予防のレシピで、ビタミンB1、B2、クエン酸をしっかり取り、乳酸を消費させエネルギーに変えましょう。

 

ビタミンB群は炭水化物、脂肪、タンパク質の代謝を助ける働きがあります。

ビタミンB1は糖質の分解を助けてくれるのですが、不足する糖質の分解が出来ず、乳酸などの疲労物質が溜まり疲れやすくなるようです。




Sponsored Links


ビタミンB2は細胞の再生やエネルギーの代謝を促してくれるのですが、不足すると口内炎や肌荒れの原因になるようです。

豚肉、レバー、枝豆、納豆、うなぎ、いわしにはビタミンB1・B2が豊富に含まれています。

また、アリシンという成分が含まれるネギやニラ、ニンニクなどと一緒に食べると吸収率がアップするそうですよ。

 

クエン酸をしっかり取る事も夏バテに大変効果があるといわれ、疲労を回復させて弱った内臓を回復してくれるそうです。

クエン酸はお酢、ゆず、グレープフルーツ、レモン、梅干などに含まれます。夏であれば、お酢たっぷりの冷やし中華などを食べて夏バテと お肌の美容アンチエイジングの相乗効果を狙っちゃいましょう!

夏バテ予防対策は室内からも

そして、夏バテの原因にはエアコンも関係しているようです。

男性と女性では筋肉の量が違い、一般的に男性は女性より1割程、筋肉が多いようですので「暑い」と感じる温度が男女で違ってきます。

一緒にいても快適に感じる温度が違うのは困りものですよね。職場などでも空調の温度や風に悩まされる方も多いのではないでしょうか。

女性は男性と比べ、筋肉量が少なく、脂肪が多いので冷えやすい体になっていますので、暑い夏でもひざ掛けやカーデガンは常備しておきたいですね。

 

暑いと身体を冷やすために冷たい物を飲食したり、冷房で部屋を冷やしたりしがちですが、適度に汗をかいて血行を良くすることで自律神経のバランスを整え、ぐっすり眠り心身の疲れを溜めないことも大切です。

 

 

本格的な夏が来る前に、食事も環境も整えて、夏バテ知らずの体を準備しておきましょう。季節に左右されない体作りはアンチエイジングにもつながるはずですよ!




Sponsored Links






あわせて読みたい



Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 856,430 人
RETURN TOP