アンチエイジングの学校

猪名川花火大会の最寄り駅は川西と池田どっちが良い?屋台はどこ?夏バテと脱水対策情報も!

この記事は2分で読めます




Sponsored Links


 

猪名川花火大会へ行く際の最寄り駅は?

会場へは、阪急池田駅、阪急川西能勢口駅、JR川西池田駅、どちらの駅からも徒歩で10〜15分程度となっています。

駅が3つに分かれている事で渋滞が緩和されており、淀川の花火大会のような混雑はありません。

車では会場近くに専用駐車場はありませんので、車での来場は渋滞が考えられます。

電車で行くことがベストだと思います。

猪名川花火大会は川西と池田とどちらで見るのが良い?

花火会場の最寄り駅が3つ、しかも会場までの距離もほとんど同じという事で、川西と池田、どっちで観るか悩みますよね。

一昨年の来場者124,000人のうち、池田側が72,000人、川西側が52,000人という集計が出ています。

池田側が混む理由として、屋台の数が多いという事も影響しているでしょう。

花火大会と屋台の組み合わせで夏のお祭りを楽しみたい、雰囲気を楽しみたいと思っている方は、池田側の方がより賑やかな花火大会を味わえるかもしれませんね。

川西側は人数が少ないという事で池田側よりも落ち着いた感じで、花火大会を楽しみたいという方には良いかもしれません。

屋台も池田側よりは少ないとは言え、河川敷にびっしりと並んでいますので十分楽しめると思います。

家族連れやある程度の人数で楽しむには、少しでも空いている川西側がオススメです。

 

猪名川花火大会の屋台はどの辺りに出る?

猪名川花火大会の屋台では河川敷に約350店舗という沢山の屋台が出店されます。
しかも池田と川西、どちらに偏ることなく屋台が出店されるのが嬉しいですよね。




Sponsored Links


屋台のスタートは、早いところでは午前11時から始まりますが、15時あたりから夕方にかけて屋台がスタートするという感じです。

屋台は池田と川西、どちらも種類、数ともに充実していますので、どちらが良いという事はありませんが、人気のオススメ屋台は、川西側にある「ジョニーの唐揚げ」です。
この屋台は、唐揚げコンテスト3年連続1位という人気のあるお店です。

 

 

花火大会におすすめの夏バテや脱水に効く食べ物を意識して満喫しよう

夏と言えば花火大会が各地で行われ、みんな楽しみにしていますよね。

花火も楽しみですが、屋台も楽しみにしている人も多いと思います。

花火を見ながら食べる屋台の味はホント格別で、「ついつい食べ過ぎてしまった。」なんて事もありますよね。
普段から食生活に気を付けて花火大会を思いっきり楽しみたいですね。

どうしても夏は体力の消耗、汗による脱水など、普段より意識して体調管理に気を付けた食生活が要求されます。

脱水予防や脱水の症状が出た時に効果的な食材には、水、ほうじ茶、スイカ、果物、リンゴジュース、オレンジ ジュース、野菜ジュース、清涼飲料水などの食材があります。

夏バテには、レバー、チーズ、鶏肉、豚肉、牛肉、かんきつ類(グレープフルーツ、レモン、オレンジなど)、かぼちゃ、枝豆、豆腐などが効果的です。

また、脱水予防や夏バテに効く食べ物は、栄養豊富で美容効果にもすぐれています。

暑くなると水分ばかりになりがちですが、しっかりバランスの取れた食事を意識することで、花火大会も満喫してみてくださいね。




Sponsored Links








Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 844,065 人
RETURN TOP