アンチエイジングの学校

ヒップアップの簡単に効果が出るエクササイズと筋トレは?簡単に寝ながら?簡単に立ちながら?ガードルの選び方は?

この記事は4分で読めます




Sponsored Links


年齢を重ねるとともに様々な部分が気になり始めますね。
 
例えばお肌のシワやたるみ、体型、体力がなくなってきたなどありますが、その1つに「お尻が垂れてきた」と感じる人もいるのではないでしょうか。
 
お尻が垂れてくると、素敵なファッションを楽しむことができなくなったり、体型が気になって仕方がなくなってしまうかもしれません。
 
しっかりと対策をとって美しいヒップラインを作りたいですね。

TOP画像出典:http://www.clickart.jp/smnl_img/af_big/pic4/af0150015769.jpg
 

ヒップアップに効果的な筋トレにはスクワットがおすすめ

なぜ年齢を重ねるとともにお尻が垂れてきてしまうのでしょうか。
 
「加齢による筋力の低下」という理由もありますが、実は加齢以外にも様々な原因が考えられます。
 
例えば、長時間高いヒールの靴を履いている人は「垂れ尻」の予備軍といっても過言ではありません。
 
高いヒールの靴を履くと膝が内側に入ってしまって、正しい姿勢で歩くことが出来なくなり、お尻の筋肉をうまく使えないことから、垂れ尻の原因につながってしまいます。
 
また、サイズが合わない下着を着用しているとお肉が流れてしまったり、どんどん形が崩れてしまいますし、運動不足や座りっぱなしが多い人も注意しなければなりません。
 
運動不足で筋肉が落ちると支えるものがなくなるため、お尻が垂れてきてしまいますし、ずっと座っているとお尻がつぶれてしまって血行が悪くなることから、お尻が硬くなるという状態になります。
 
さらに姿勢が悪くて猫背になることもお尻が垂れる原因となってしまいますので、正しい姿勢を心がけることが大切ですね。
 
そしてお尻が垂れることを防ぐためにも、日頃からきちんと対策をしておきたいものです。
 
そこで大切なのが筋トレになります。
 
お尻には「大臀筋」「中臀筋」「小臀筋」の3つに分けられ、それぞれの筋肉を意識して使うことが大切です。
 
では、お尻の筋トレ方法をご紹介しましょう。
 
・大臀筋
四つん這いになって片足をまっすぐに腰の高さまで伸ばし、伸ばした状態を3秒キープします。

これを左右交互に数回行います。
 
・中臀筋、小臀筋
体をまっすぐにして横向きで寝て、そのまま上側の足をまっすぐ上げます。

これを数回繰り返します。
 
次におすすめの方法はスクワットで、通常のスクワットと比べて足を大きく開き、太ももに大きな力をかける「相撲スクワット」という方法です。
 
この方法によってしっかりと太ももに刺激を与え、太ももからお尻のラインをキレイに出すことが出来ます。
 
・足を肩幅よりやや大きく開きます
・つま先を45度の角度に開いて準備完了
・お尻をまっすぐ下ろしながら、膝が90度になるまで曲げる
・90度まで足が曲がったら、ゆっくりと元に戻す

 
このスクワットをやる時には息を吐きながら膝を曲げて、戻す時には吸うようにするとよいでしょう。
 
以上の筋トレやスクワットで、ヒップアップ効果を実感したいですね。
 




Sponsored Links


ヒップアップ用のガードルとショーツの違いって?

ヒップアップを心がけるためにスクワットや筋トレの方法をご紹介しましたが、日頃から身に付けるものを利用してヒップアップ効果を実感できます。
 
よく耳にするのは「ヒップアップ用ガードル」や「ヒップアップ用ショーツ」ですが、この2つの違いは一体どこにあるのでしょうか。
 
お尻が垂れる大きな原因は「筋肉の衰え」、そして筋肉を包んでいる筋膜が薄くなって筋肉と脂肪をつないでいる結合組織が弱くなるという、内部のゆるみから起こりますが、お尻の内部にゆるみが出てくると、日常生活で小走りをする時などにお尻の揺れが大きくなって、内部のゆるみをさらに加速させてしまう可能性があります。
 
この揺れを和らげるのがヒップアップ用ガードルで、ガードルは適度な圧でお腹やお尻全体を包み込んで下から持ち上げることでシルエットを整えてくれるという効果があります。
 
ヒップアップ用ガードルを選ぶ時には、自分の体型にきちんと合っているかどうかを確認することが大切です。
 
そしてヒップアップ用ショーツはかなり人気高い商品で全体が収縮する生地を使っているのではなく、引き上げたり引き締めたい部分にだけ収縮素材が使われています。
 
ですので、ガードルでよく見られる「お尻全体がつぶれてしまう」ということがなく自然で美しい形を作ることができますし、スキニーパンツなどを履いてもアウターに響くことがないため、安心です。
 
このヒップアップ用ショーツを履く時には左右のお尻の横側のお肉、そして下側のお肉を引き上げてしっかりとショーツに入れるようにしましょう。
 
また、最近ではガードルとショーツが一緒になった「ガードルショーツ」が販売されており、ガードル効果、そしてショーツのように違和感なく履くことが出来るタイプになっています。
 
好みに合わせて様々な下着を取り入れるのもヒップアップ対策の方法の1つです。
 

ヒップアップには筋トレとガードルで内外ケアで美尻を目指そう

ヒップアップというのは、筋力低下が原因で垂れてしまったお尻を引き上げることです。
 
日頃からガードルを身に付けてヒップアップ効果を得る方法もありますが、ガードルを身に付けるというのはあくまでも体の外側からのケアです。
 
体の内側のケアとしては筋トレなどの努力が必要で、「大臀筋」「中臀筋」「小臀筋」の3種類を鍛えるということが大切です。
 
「大臀筋」は後方への足上げ、ジャンプの動作を指支えていて「中臀筋」は歩いたり外側への開脚の動作を支えています。
 
そして「小臀筋」は股関節や骨盤を安定させる働きをしており、この3種類の臀筋はお尻の位置やハリを支える役割も果たしています。
 
そのためにも筋トレは重要になってきますし、日頃からヒップアップ用ガードルを身に付けて、いつでもヒップアップ対策をすることが大切ではないでしょうか。
 

垂れてしまったお尻をヒップアップ!明るく楽しい毎日が待っています。

お尻が垂れてしまう原因を「加齢」だけで終わらせるのはもったいないですね。
 
ヒップアップ用ガードルやショーツが販売されていますので、それを活用するのも効果がありますし、筋トレやスクワットを毎日行うことによって美しいヒップラインを取り戻すことが出来るでしょう。
 
今まで「お尻が垂れてきた」と悩んでつらい思いをしていたということであれば、ヒップアップできることによって毎日を楽しく過ごせるのではないでしょうか。
 
そして正しい姿勢にも見えるので、より美しい女性に見えますね。




Sponsored Links






あわせて読みたい



Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 856,430 人
RETURN TOP