アンチエイジングの学校

乾燥肌は食べ物に原因がある?油の摂り過ぎに要注意?改善策を公開!

この記事は5分で読めます




Sponsored Links


乾燥肌対策に、高級な化粧品を使ってスキンケアを怠らず、毎日肌のお手入れをしているのに、なぜか改善されない乾燥肌・・・。
「もしかすると、肌の内側の油分が足りていないのでは?」
「乾燥肌なので、毎日油物を食べた方がいいのかな?」
と、思っていませんか?
実は、乾燥肌の原因には、食べ物がかかわっているのです。
しかし、乾燥しているから油物を食べれば良いという訳ではありません。
乾燥肌が改善されないとお悩みなら、一度食べ物を見直してみてはいかがでしょう。

 

乾燥肌は食べ物に原因がある?

 

乾燥肌は内側からのアプローチも重要

保湿力のあるスキンケア商品を使って、外側からのアプローチでの乾燥肌対策はもちろんですが、それでも「なかなか乾燥肌が改善されない」と、悩んでいる方がたくさんいらっしゃいます。
そう感じているなら、乾燥肌の原因が、食べ物にあるかも知れません。
乾燥肌は、外側からのアプローチだけではなく、内側からのアプローチも重要です。
潤いのあるお肌を手に入れるには、細胞レベルでの対策をしてください。

もし、ダイエットを始めてから、特に乾燥が気になると感じているなら、肌のことを考えずに体重を落とす事だけ考えた食事をしているかも知れません。
体の内側から乾燥肌対策をしていきましょう。

 

乾燥肌は食べ物に影響される

乾燥肌の原因は、角質層内部の水分バランスが崩れているからです。
よく勘違いされるのは、「油分が不足しているから肌が乾燥するのでは」と考えてしまう事です。
肌の乾燥は油分ではなく、水分が関係しているので、いくら乾燥肌だからと言って油物を取るのは間違いです。
偏った食事が、乾燥肌をよりひどくしている可能性があるので、毎日の食生活を見直してみてください。

 

外食、ファストフード、コンビニ弁当の毎日ではないですか?

最近、食事も手軽に取れるようになりました。
材料から作る事なくコンビニに行けば、いつでも食べたいものが手に入りますが、要注意です。
ファストフードばかりの食事も、お勧めできません。
さらに、インスタント食品は常に棚に入っているという方もいます。
外食中心の食生活をしていると、栄養のバランスを崩して肌に必要な栄養分が不足し、逆に肌に悪影響を与える食品を多く取り過ぎていることもあります。
このような食生活を送っていると、ビタミンやミネラル、良質のタンパク質、食物繊維が不足します。
そうなると、腸内環境の悪化で便秘になりやすくなります。
体内の老廃物が正常に排泄されないことで、乾燥肌を悪化させているのです。
その他に、塩分や油分を摂り過ぎることで、代謝が悪くなっている可能性もあります。
健康のためにも肌のためにも、毎日バランスのとれた食事を意識してください。

 

 

乾燥肌は食べ物の油の摂り過ぎが原因?

 

油物で乾燥肌は改善しません

「最近、肌が乾燥するのは潤いが足りないから。」そう感じて、油分が不足しているような錯覚を起こします。
もちろん、油分は体に必要な栄養素です。
カロリーを気にして油分を全く取らないというのは、体によくありません。
しかし、何事もバランスが必要です。油分を摂りすぎる事で、乾燥肌を悪化させている可能性があります。

 

「揚げ物大好き」は分かりますが、乾燥肌には大敵

特に揚げ物。外食やお弁当の中の揚げ物は、古い油を使っている事があります。
また、ラードなど動物性脂肪で揚げている揚げ物は要注意です。
トンカツは食べ過ぎ注意の料理ですね。
揚げ物だけでなく、焼肉なども食べ過ぎると油分を摂りすぎる原因になります。

古い油を使っていないから、家での料理は心配ないと思うかも知れませんが、油は酸化が早く進みます。
もし、家で揚げ物をする場合、乾燥肌を防ぐために、揚げ油はその都度新しいものを使うようにしましょう。

 

肌の老化を早めてしまう油分の取り過ぎ

油物を摂りすぎると、肌の老化を促進させ内蔵にも負担がかかり、腸内環境を悪化させます。
つまり、体内の老廃物がスムーズに排泄されにくくなる事で、お肌の新陳代謝も規則正しく働かなくなり、乾燥肌を引き起こすことになります。
その他にも、過剰な皮脂が分泌されてニキビや肌のテカリがひどくなる事にもなります。
乾燥肌に潤いを与えるのは、水分量のバランスです。
油で潤いをという考え方は間違いですね。
何事もバランスが大事。
油物を取りすぎず、バランスの取れた食事を意識してください。

 

乾燥肌を食べ物で改善するのに効果的なものは?

乾燥肌の対策として、油分を取り過ぎないように、毎日の食事に気を使う事が大切ですが、全く取らないというのも栄養のバランス上よくありません。
では、乾燥肌の改善のために取った方が良い油、避けた方が良い油とは何でしょうか?

 

乾燥肌に良くない油分

乾燥肌を改善させるどころか悪化させてしまう、注意が必要な油とはどのようなものでしょう。

できるだけ避けていただきたいのが以下のものです。

 

「リノール酸油」
「トランス脂肪酸」

 

・リノール酸油を多く含む食品




Sponsored Links


 

リノール酸油は、取りすぎるとα—リノレン酸が不足します。
このα—リノレン酸の不足によってアレルギーを引き起こしたり、老化を促進させる可能性があります。
乾燥肌の方の中には、アトピー性皮膚炎が原因になっているかも知れません。
アレルギーを引き起こさないために、リノール酸油の取り過ぎに注意してください。

 

オリーブオイル
ベニバナ油
大豆油
綿実油
コーン油

 

多くは植物性油に含まれています。

 

・トランス脂肪酸を多く含む食品

トランス脂肪酸は、最近では危険な油とも言われています。
トランス脂肪酸が乾燥肌に与える影響として、リノール酸油同様アレルギーを引き起こす原因になると言われています。

また、悪玉コレステロールを増大させて、善玉コレステロールを減少させてしまうとも言われています。
そして活性酸素を体内で発生させる引き金になるので、体の中から老化を早めていきます。
そのため、シミやしわなどの肌トラブルの原因になるのです。

 

代表的な食品はマーガリンやショートニング、コーヒーフレッシュなどです。
この油、実は自然界には存在しない油で、人工的に作られています。

 

その他に、牛脂やラードにも多く含まれています。
これらの油を使った食品には、クッキーやケーキ類、マヨネーズ、カップ麺などがあります。
加工品の油はトランス脂肪酸を多く使っているので、避けた方がいいですね。

 

 

乾燥肌を改善させる効果的な油分は?

・代表的な脂肪酸「オメガ3」

取った方が良い油とは、簡単に言えば良質の油と言うことです。
良質の油の代表と言われるのが、オメガ3脂肪酸を含んでいる油です。
これは、イワシ・サバなどの青魚やサーモンなどに多く含まれています。

最近人気の食品である、チアシードや亜麻仁油、エゴマなどにも多く含まれています。
オメガ3脂肪酸は必須脂肪酸と言われていて、体内では作る事ができない脂質で、細胞膜を柔軟にさせる働きがあります。
細胞膜が柔軟であれば保湿やバリア機能が高まり、乾燥肌を改善させることができます。

 

 

・酸化に注意して取りたい「α—リノレン酸」

リノール酸油を取りすぎると不足してしまう、α—リノレン酸も乾燥肌を改善させる働きがあります。
α—リノレン酸は、善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らす働きがあり、抗酸化作用のあるビタミンEを多く含んでいるので、老化防止になります。

 

ただし、酸化しやすく熱に弱いので、ドレッシングで摂ることが理想です。

α—リノレン酸を多く含む油は、しそ油、エゴマ油、亜麻仁油などです。

 

 

・肌に潤いを与える「オレイン酸」

オレイン酸は、肌の水分バランスを整えてくれます。
乾燥肌にとって必須の食品になります。
オレイン酸が不足すると、乾燥だけでなく肌のくすみの原因にもなります。
オレイン酸を多く含む油は、アーモンドオイル、グレープシードオイルなどです。

 

・積極的に取りたいミネラル成分「亜鉛」

その他に、乾燥肌を改善させるものの代表として、亜鉛が上げられます。
亜鉛を多く含む食品は、レバー、牡蠣、チーズ、卵などです。
亜鉛は、肌や髪の毛を美しく保つためになくてはならないミネラル成分です。
亜鉛が不足すると、皮膚炎を起しやすく、当然肌の乾燥を引き起こします。
ダイエットなどで食事制限していると、亜鉛は不足しがちになります。
過度なダイエットで乾燥肌になっているなら、亜鉛が不足している可能性があります。

 

・重要な栄養素のビタミン類

肌の為にビタミン類を取るのは、承知の事ですね。

 

ビタミンC

コラーゲンの生成に必要な栄養素です。レモンやオレンジ、パプリカなどの野菜、果物を積極的に取りましょう。

 

ビタミンA
新陳代謝を高めて、肌のターンオーバーを正常にさせます。
皮膚や粘膜の保湿力も高めてくれます。
ビタミンAを多く含む食品は、うなぎ、レバー、イワシ、サバ、ワカメなどの海草類、カボチャなどの緑黄色野菜です。

 

ビタミンB
乾燥肌が引き起こしやすい、炎症を防ぐ働きがあります。ビタミンBを多く含む食品は、大豆、納豆、レバー、卵、豚肉などです。

 

ビタミンE
抗酸化作用が高く、血行促進に必要な栄養素です。肌の老化を防いで、潤いのある肌に保ちます。

ビタミンEを多く含む食品は、アーモンドなどのナッツ類、アボガド、ゴマなどがあります。

 

 

乾燥肌の原因と対策まとめ

肌のお手入れを毎日頑張っても、乾燥肌が改善されないと悩んでいるなら、一度食べ物を見直してください。
体の外側からだけのアプローチでは防ぐ事ができない乾燥肌。
毎日、コンビニのお弁当やお惣菜、カップ麺やファストフードなどで食事をすませていませんか?
これらの食品は、乾燥肌の方にとって大敵です。

忙しい毎日ですが、お肌のお手入れの時間を少し減らして、乾燥肌に効果的な食材を使って、料理を作るのはいかがでしょう?

毎日の事なので大変ですが、できるだけバランスの取れた食事を意識して、体の中から乾燥肌を改善させていきましょう。




Sponsored Links








Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 841,555 人
RETURN TOP