アンチエイジングの学校

肌のくすみとは改善はスキンケアと食べ物で解消できる?くすみのない肌になるには原因から徹底改善!

この記事は5分で読めます




Sponsored Links


「最近、疲れてない?」そう言われていませんか?
特に体が疲れているわけではないのに、周りからそう言われる。それは、肌のくすみが原因ではないでしょうか?
肌のくすみは、意外と本人は気がついていないことがあります。
周りの人から言われて、慌てて鏡を見てびっくり!なんてこともあるようです。

 

肌のくすみとは改善はスキンケアと食べ物で解消できる?

肌のくすみは、年齢よりも老けて見せてしまいます。
特に目の下のクマはかなり疲れているように見せてしまうので、要注意ですね。
逆に言えば、くすみのない肌であれば、年齢よりも若く見られるということです。
今、鏡を覗いてみて、「疲れているように見えるな」と思われたなら、早めのケアを行ってください。
肌のくすみ改善はスキンケアと食べ物で解消できる部分が大きいので、原因を知って、根本から解消していきましょう。

 

肌のくすみの原因は?くすみのない肌になるには?

 

肌のくすみの原因は、一つではありません。
幾つもの原因があり、それが重なることでよりくすみを増していきます。
まずは、くすみの原因を知って、普段の生活習慣を振り返ってみてください。

肌のくすみの原因1 角質の老化

 

肌はターンオーバーを繰り返して、新しい皮膚を作ります。
しかし、年齢とともにターンオーバー機能がうまく働かなくなり、肌の再生能力が衰えてきます。
そうなると、古くなった角質が蓄積されて老化してきます。
それが肌の色を暗くさせてしまうのです。

肌のくすみの原因2 乾燥

 

肌が乾燥すると、同じくターンオーバー機能がうまく働かなくなり、古い角質がいつまでも肌にとどまってしまうのですね。
そのことが原因で、肌をくすませています。
その上、潤いのない肌は、固くなってハリも失われます。
ハリの無くなった肌は、より暗いイメージを与えます。
もちろん、冬の乾燥した空気にさらされた肌は乾燥しやすくなりますが、夏に空調が効いた部屋で過ごすことが多いと、同じように肌は乾燥しています。
冬だけでなく夏も肌は乾燥した空気にさらされていること、忘れないでください。

肌のくすみの原因3 紫外線

 

紫外線は肌にダメージを与えることはご存知と思います。

実は紫外線が一番恐いのです。
この紫外線を浴びた肌は、健康的な小麦色のイメージがありますが、くすみの大きな原因になるのです。
紫外線を浴びた肌は、メラニンが大量に作られてしまいます。
そのメラニンを排出するのが困難になってしまうと、茶色く黒ずんだ肌になります。
また、そのままにしておくとシミの原因にもなるので、紫外線から肌を守ることが大切です。

肌のくすみの原因4 ストレス

 

肌のトラブルに必ずと言っていいほど、ストレスは原因の一つにあげられます。
仕事や人間関係などからのストレス、寝不足や食事の栄養バランスの崩れからくるストレス。
ストレスは、血管を収縮させて血行を悪くします。
血行が悪くなった肌は、酸素が行き渡らなくなり血色の悪い肌色にします。
顔全体が暗い印象になるのは、血行が悪いのが原因なのです。

肌のくすみの原因5 肌に汚れが残っている

 

毎日のメイク落とし、きっちりと行っていますか?
毛穴に入り込んだメイクまでしっかりと落としきらなければ、汚れが毛穴に詰まって古い角質が蓄積されてしまいます。
これも、くすみの原因になっています。

肌のくすみの原因6 糖化

 

糖化という言葉、あまり聞き慣れないですよね。
これは、糖質を取りすぎる食生活を続けることで起こります。
糖化は、肌を老化させる原因の一つと言われていて、ハリが失われて黄色や茶褐色の肌色になります。
糖化は体内で余分に取りすぎた糖とタンパク質が結合して、老化物質ができる反応のことです。
一般的によく知られているのは、ホットケーキ。
ホットケーキは糖質と牛乳や卵といったタンパク質を含んでいます。
焼くと焦げますよね。これが糖化と言われる現象です。
これが、私達人の体内でも起こっています。この焦げた状態が蓄積されて肌を茶褐色にしているのです。
まさかのホットケーキ状態になっているのですね。
以上のような原因が肌を老化させて、くすみを作っています。
肌のくすみが気になると感じているなら、以上のような原因について身に覚えがないかチェックしてください。

肌のくすみの原因7 色素沈着

 

肌のくすみは、放おっておくと、色むらになってしまうこともあり、すでに肌内部では色素沈着を起こしています。
色むらを起こすと、どんなにファンデーションで隠そうとしても、隠しきれるものではありません。
根本的に、くすみを解消す方法で白く透き通った肌を手に入れましょう。

くすみのない肌になるにはスキンケアが大事

肌のくすみ取りスキンケア1 厚塗りは逆効果

 

肌のくすみや色むらを、とにかく隠そうとベースからファンデーションをまで、厚く厚く塗ってしまう傾向があります。
厚化粧をしても、肌自体が健康ではないので、化粧崩れを起こしやすく、また、症状を悪化させてしまうこともあります。
隠すのではなく、くすみを薄くしていくことを目指しましょう。




Sponsored Links


肌のくすみ取りスキンケア2 ターンオーバーを整える

 

顔の色が黒ずんでいたり茶褐色になっているのは、ターンオーバー機能が働かなくなっているからだと伝えました。
その上、ストレスや冷えから血行不良を起こしています。
まずは、ターンオーバーを整えることから始めましょう。
毎日のスキンケアを正しく行うことで、顔のくすみは徐々に薄くなっていきます。

肌のくすみ取りスキンケア3 洗顔と保湿

 

毎日、毛穴の奥までメイクや汚れを落としていますか?
しかし必要な皮脂まで落としてしまうと、肌は乾燥します。
そのため、洗顔のとき肌をゴシゴシこすらないで、優しく泡で包むように洗ってください。
洗顔後は、保湿成分の含まれている化粧水をたっぷり肌に与えます。
また、角質の水分を保つために乳液やクリームも欠かさないようにしてください。

 

肌のくすみ取りスキンケア4 ピーリングで角質ケア

ピーリングは、表皮の不必要になった角質を取り除くことができます。
剥がれずに残ってしまった古い角質が、肌をくすませて疲れ顔にしています。
ピーリングで角質を取り除いて、ターンオーバーが正常に行えるようにすることが大切です。
正常にターンオーバーが整えば、古い角質は自然に剥がれるようになり、顔色が明るくなります。

肌のくすみ取りスキンケア5 ビタミンC誘導体で色素沈着を改善

 

美白化粧品は、顔のくすみを改善させる効果が期待できます。
美白化粧品に配合されているビタミンC誘導体は、シミやメラニンの生成を抑制させる働きがあり、その上サビの原因を抑える抗酸化作用もあり、アンチエイジングも期待できます。
顔の色むらやくすみが気になるなら、ビタミンC 誘導体が入っている美白効果のある化粧品を使ってください。

肌のくすみ取りスキンケア6 紫外線から肌を守る

 

紫外線は、肌内部に入り込んで、メラニン色素を作ります。
メラニン色素の増えた肌は、小麦色で健康的なイメージでしたが、最近は日焼けしないこと、紫外線をカットすることが重要になっています。
紫外線を浴びた肌の内部は、メラニンが生成され、そのメラニンがターンオーバーで排出されなくなると、くすみの原因になります。
メラニンを増やさないことが、くすみ予防になるのですね。
日中は必ず日焼け止めを塗って、紫外線から肌を守りましょう。
ところで、紫外線は夏場だけではありません。一年中を通して紫外線は肌に入り込んできます。
また、屋外に出ないからと言って、紫外線予防を怠らないようにしてください。
窓ガラスを通して、紫外線は室内に入ってきます。
くすみが気になる方は、日焼け止めやUVカット機能のあるメイクなどを使って、忘れずに毎日の紫外線対策を行ってください。

肌のくすみは食べ物で改善できる?

 

顔のくすみは、毎日のスキンケアで改善されていきますが、食生活にも注意してください。

くすみの原因の中には、食べ方にも注意が必要ですので、生活の根本からの改善が必要です。
糖化によって、肌が茶褐色になることは、お伝えしました。
そのため、糖質のとり過ぎ厳禁ということです。
その上で、食生活も見直してくすみを改善させていきましょう。

肌のくすみを食べ物で改善1 肌を元気にしてくれるビタミンC

 

美肌に効果がある栄養素の代表といえばビタミンCです。
よく、ビタミンC配合のパックや化粧品がありますが、肌に塗るだけでは吸収しにくいのです。
そこで、体の中からくすみを改善させるために、ビタミンCが多く含まれている食品を使った食事を、取るようにしましょう。

ビタミンCを多く含む食品
・赤ピーマン
・レモン
・キウイフルーツ
・イチゴ
・アセロラ
・ゴーヤ
・柿
・モロヘイヤ

ビタミンCは、コラーゲンの生成にも欠かせない栄養素です。
また、抗酸化作用もあり、顔のくすみだけでなく、シミやシワ、たるみ予防も期待できるので、必ず毎日の食事のメニューに取り入れてください。

肌のくすみを食べ物で改善2 良質なタンパク質

 

アミノ酸の元になっているのがタンパク質です。
肌を健康に保つためにアミノ酸は必要不可欠です。
特に動物性タンパク質は、必須アミノ酸を多く含んでいるので、しっかりと食事に取り入れてください。
ただし、脂肪分も含まれているので、鶏のササミや豚のヒレ肉など、脂肪分が少なく良質のタンパク質を取ることができる食品が理想的ですね。

肌のくすみを食べ物で改善3 血行を良くするための鉄分

 

顔のくすみの原因にあげられている一つに、血行不良があります。
この血行不良を改善させるには、鉄分を多く含んだ食品を取ることも大切です。

鉄分を多く含む食品
・レバー
・豚もも肉
・ひじき
・カツオ
・あさり
・パセリ
・小松菜
・アボガド
・大豆

これらの食品も食事には欠かさず取るようにしましょう。

肌のくすみの原因と改善まとめ

 

肌のくすみは、単に日焼けが原因ということではありません。
毎日の生活でついつい浴びてしまう紫外線が原因であったり、冷えやストレスによる血行不良、汚れを落としきれていない洗顔、ターンオーバーの乱れによる古い角質、甘いもののとり過ぎなど、様々な要因があります。
顔がくすむ、顔色にムラがあると悩んでいるなら、以上のような原因になる生活を送っていないか、チェックしてみましょう。
そして、すぐにでも改善させていけば、徐々に透明感のある白い肌を取り戻すことができるでしょう。




Sponsored Links








Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 925,131 人
RETURN TOP