アンチエイジングの学校

キャンプの持ち物で必要なものは?おすすめと人気は?コテージの場合は?子供と楽しむ為の準備は?

この記事は2分で読めます




Sponsored Links


家族でキャンプを楽しみたいと考えているあなたに、キャンプを思い切り楽しむためには持ち物は何が必要か、テントかコテージか、子供と楽しむためにはどんな持ち物が必用か、準備はどうしたら良いのかを調べてみましたので参考にしてください。

TOP画像出典:http://pic.prepics-cdn.com/87727f6eb5311/44351892.jpeg
 

キャンプ持ち物何が必要?

キャンプの持ち物は何が必要か、初心者でもわかる必用携行品をあげてみます。
 
テント関係:テント・テントマット・グランドシート・ペグ・ハンマー
      ランタン・懐中電灯・シェラフ・毛布・枕
 
料理関係:バーナー・カセットボンベ・たき火台・炭・炭ばさみ・軍手
     着火剤・着火マン・テーブル・椅子・包丁・まな板・おたま・しゃもじ
     菜箸・皿・コップ・箸・スプーン・ラップ・アルミホイル
     クーラーボックス・水タンク・洗剤・スポンジ・タオル・ゴミ袋
 
食材:食べる回数分の食材・お茶・コーヒー等・調味料
   (塩・胡椒・醤油・油・砂糖・ケチャップ・マヨネーズ等)
 
その他:着替え・カッパ・帽子・日焼け止め・虫除け・虫刺され薬・保険証
    ウェットティッシュ・ガムテープ・S字フック・トイッレトペーパー
    針金ハンガー・洗剤・ロープ・お風呂道具・遊び道具
 
以上細かく書いたので何だか持ち物が多くて用意が大変と思うかもしれませんが、よく見ると、家で食事の用意をするときに最小限必用なものだけとわかると思います。
 
この他にオススメの持ち物は、段ボールや古新聞、カッターナイフ、100円ショップに売っているような小さなほうきと塵取りがセットになったものや洗濯ネット、洗濯バサミ等です。
 
段ボールはゴミ箱や入れ物にしたり、テントの床にひいたりといろいろな使い方ができて便利です。
キャンプでは一つのものをいろいろ応用して使うことが基本です。
 




Sponsored Links


キャンプ持ち物コテージの場合は?

テントでのキャンプがハードルが高いのであれば、キャンプ初心者でもチャレンジしやすいコテージでのキャンプはいかがでしょうか。
コテージにもいろいろあり、ただ中に何もない部屋だけのものから、台所やトイレまでついたものもあります。
 
ですから、選ぶコテージの種類により、持ち物も違ってきますが、テント一式はコテージでのキャンプでは不要になりますので、持ち物がかなりセーブされ気軽にチャレンジできると思います。
 
しかし、いくらコテージのキャンプが手軽でも、普段と違う環境であることは変わりなく、準備が不足すると楽しめないでただただ疲れてしまう人もいますので、準備はぬかりなくしましょう。
 
持ち物は、テント以外はテントでのキャンプと同じと考えてください。
 

キャンプ持ち物子供と楽しむ為の準備は?

キャンプの持ち物を完璧にと考えて、キャンプに行く前に疲れてしまいそうですが、アウトドアはふだん経験できないような不便さを楽しむのも醍醐味です。
 
固定観念にとらわれず、持ち物もいろいろ応用できることを発見して楽しみましょう。
 
ただし、キャンプデビューの子供がキャンプ嫌いにならないように、子供がふだん遊んでいるおもちゃでかさばらないものを持っていくことをおススメします。
 
キャンプでは親が準備で忙しいときに一人で遊べるものがあると良いですね。
 
キャンプに出かける前に持ち物のチェックシートを用意して、しっかり準備をしてキャンプを楽しみ、家族でリフレッシュしましょう。
 
アウトドアは不便さを楽しむのも醍醐味。
日ごろ運動しない人でも、キャンプに行けば嫌でも歩きます。
 
自然の中の散歩は、マイナスイオンも豊富でとても癒されますので忙しい毎日を送っている人には絶好の休養場所になると思います。
 
キャンプの定番食といえば、カレーライスですがカレーは、ストレス解消に良く疲労回復効果が期待できる食べ物だというデータがあります。
 
子供と一緒にカレー作りは、子供の自立面の成長にも効果的です。

季節の野菜をふんだんに入れれば身体にも優しく美味しいカレーが出来上がります。
 
笑うことも健康・メンタルともに良いことですので大自然の中でカレーを食べながら楽しいキャンプを満喫してくださいね。




Sponsored Links








Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 933,450 人
RETURN TOP