アンチエイジングの学校

ノロウィルス2016の潜伏期間は?原因と症状と治療と対策と予防は?食中毒の原因は魚介類?頭痛と発熱と下痢と胃痛が出た時はどうする?

この記事は2分で読めます




Sponsored Links


ノロウィルス2015の原因と症状と潜伏期間は?

2015年から2016年にかけて、ノロウィルスが大流行する兆しがあるようです。

ノロウィルスや食中毒について、予防や対策、原因と症状などについてお伝えしますね。

 

魚による食中毒にはいろいろな原因があります。
なかには、アレルギーのような症状が出るヒスタミンによる食中毒もあるようです。

ヒスタミンの食中毒なんてあまり聞いたことがありませんよね。
そこで、食中毒の潜伏期間や時間、その症状についてと予防法を学びましょう。

TOP画像出典:http://food.foto.ne.jp/free/resize.php?image=images/images_big/was0013-049.jpg

食中毒の魚介類の潜伏期間は?

魚による食中毒の原因となるものは、寄生虫と食中毒の原因菌とウィルスで、潜伏期間も様々です。

食中毒をおこす代表的な寄生虫はアニサキスで、イカやサバ、サケなどをお刺身で食べて、アニサキスを生食してしまい感染し食後8時間ぐらいで激しい胃痛に襲われます。

腸炎ビブリオが原因の食中毒だと、汚染された魚介類を食べて感染し、潜伏期間は食べてから4〜24時間ぐらいです。

ノロウイルスは、よく耳にすると思いますが貝類を生食か加熱不足で食べて感染し、潜伏期間は1日〜2日です。

調理する人の手や指などの傷から菌が増える時に出る毒素による黄色ブドウ球菌であれば3時間ぐらいで症状が出てきます。

また、聞きなれないヒスタミンの食中毒は、食べてから1時間ぐらいで症状が出ます。

魚を食べて、腹痛や異変がおきたら、魚を食べてから症状が出るまでの時間がわかれば治療の目安になることを覚えておきましょう。

食中毒がうつる期間は?

魚の食中毒で一番多い腸炎ビブリオ菌によるものだと、下痢が2週間ぐらい続きます。

ノロウイルスが原因だと2〜3日で回復する人が多いようですが、感染力が強く、吐しゃ物を通して人に移してしまうので吐しゃ物を取り扱う人は特に注意が必要です。




Sponsored Links


黄色ブドウ球菌が原因の場合は、だいたい1日以内に治まるようです。

なお、ヒスタミンの食中毒では概ね6時間から10時間で回復します。

アニサキスによる食中毒の場合は、アニサキスを摘出することですぐに治りますが、摘出しなくても1週間程度でアニサキスは死滅すると言われています。

食中毒の魚の場合の症状は?

腸炎ビブリオ菌が原因の食中毒では、強烈な腹痛、下痢が主な症状です。

ノロウイルスが原因だとその主な症状は、激しい嘔吐と下痢、吐き気です。
また、人によっては発熱や頭痛がすることもあります。

黄色ブドウ球菌だと激しい吐き気嘔吐下痢、発熱などが主な症状です。

アニサキスが原因の場合は、激しい胃痛がおこります。

一方ヒスタミンの食中毒は、多くの場合、食べた直後から1時間以内に顔の特に口のまわりや耳たぶ赤くなったり、じんましん、頭痛、嘔吐、下痢などのアレルギーのような症状がでます。

重症の場合は、呼吸困難や意識不明になることもあるようです。

食中毒を予防して内側からアンチエイジングして美しくなるには?

魚の食中毒について調べると、何だか魚を食べるのが心配になってしまいがちですが、心配はいりません。

魚を新鮮に保つよう管理すれば食中毒は防げます。

何よりも魚には、私たちの身体を若く美しく保つための栄養素がいっぱい含まれていますので、魚食をあきらめるなんてもったいないです。

例えば、鮭に多く含まれているアスタキサンチンは、抗酸化力でアンチエイジングや免疫力アップに有効だと言われています。

その他、魚に含まれるDHAは人の体内で作る事が出来ないものですし、タウリンも私たちの体を内側からきれいにし、血圧を下げたり肝臓の働きをサポートしてくれます。

食中毒に気を付けて、新鮮な魚を食べて健康と美ボディを手に入れましょう。




Sponsored Links








Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 856,430 人
RETURN TOP