アンチエイジングの学校

フェスのファッションでメンズもレディースもモテコーデする服装を公開!男と女のモテポイントは?音楽フェスの動員数とバイトはモテに影響?

この記事は5分で読めます




Sponsored Links


夏に行われるのが野外音楽イベント「夏フェス」ですが、この夏フェスは全国各地で行われ、数万人もの動員数であると毎年話題になるほどです。
 
普段はアウトドアはではないという人も、今まで夏フェスに行ったことがないという人もぜひ今年は夏フェスに行って楽しい時間を過ごしてみてはどうでしょうか。
 
夏フェスに行った事がないという人にとっては「どのような服装で行けばよいのか」「どのような持ち物が必要なのか」ということがわからないためインターネットでの検索件数が増える状況にあります。
 
そこで、夏フェスにおすすめの服装、持ち物をご紹介しましょう。

TOP画像出典:http://koyoinoneta.com/wp-content/uploads/2015/04/image126.jpg
 

夏フェス服装と持ち物

夏の楽しい思い出づくりのひとつとして夏フェスに参加する人は多いことでしょう。
 
楽しく過ごすためにもしっかりと準備をして、服装や持ち物をチェックしておくことが大切です。
 
まず、服装については全体的に動きやすいものがおすすめです。
 
・トップス
動いて汗もかきますのでTシャツがベストです。
会場ではオフィシャルTシャツやアーティストのTシャツが販売されていますので、これらのものを購入して着るのも気分が高まって良いかもしれません。
 

・ボトムス
動きやすいように、そして快適に過ごすためにもハーフパンツやショートパンツが良いです。
 
・靴
長時間歩いたり立ったりするので履きなれた靴や動きやすい靴がベストです。
 
イベントに参加するからという理由で新品の靴を履いていくと、靴ずれになる可能性が高くせっかくの楽しい時間が台無しになってしまいますのでオススメ出来ません。
 
ヒールがある靴などもライブで後ろの人の足を踏んでしまうなど、周りの人の迷惑となる可能性がありますので避けるべきです。
 
・バッグ
ウエストポーチ、もしくはボディバックがおすすめです。
 
非常に混雑していますので、動きやすいだけではなく周りに迷惑をかける心配のないものがベストで盗難防止にもなります。
 
・帽子
暑い時期に夏フェスが開催されますので熱中症対策は必要で、大きめのツバの帽子を被ることがオススメです。
せっかくのイベントですので明るい色の帽子を被れば気分も明るくなりますね。
 
・防寒着
フェスによっては夜にスタートして日の出まで行われるものもあり、夜になると冷え込む場合がありますので長いパンツ、パーカーなどを用意しておくとよいでしょう。
 
例えばパーカーは、折りたためるアウトドア用のものにすると、突然雨が降ってもすぐに対応できるのでオススメです。
 
次に夏フェスに必要な持ち物をご紹介しましょう。
 
・チケット、財布
チケットがなければ会場に入ることができませんし、財布がなければ買い物ができません。
 
会場の周辺はクレジットカードが使用できる場所が限られているということ、そして近所のATMの混雑が予想されますので、現金と小銭を用意しておくと便利です。
 
・タオル
暑い時期、そして気温が高い状態でのフェスで汗は必ずかきますのでタオルは必需品です。
会場にもグッスとして販売されていますので、会場で購入をして首に巻いておくと良いでしょう。
 
少し大きめのタオルは、寒い時に羽織るものの代わりに利用できますよ。
 
・汗拭きシート、ウェットティッシュ
タオルで汗を拭くだけでは爽快感を感じることが出来ませんので、待ち時間などを利用して汗拭きシートを利用するとすっきりします。
 
また、ウェットタオルの代わりとしても利用できます。
 
・水に流すことが出来るティッシュ
万が一トイレットペーパーが切れているときのために持っておくと便利です。
 
・日焼け止め
出かける前に家で塗っても外に出ると汗で流れてしまいます。
 
すぐに日焼けをしてしまいますので、休憩時間やお昼の時間などを利用してこまめに塗りなおしてください。
日焼けは、美容の天敵ですので日焼け対策も忘れず心がけてくださいね。
 
・ビニール袋
汗で濡れてしまったTシャツやタオル、そしてゴミ入れにも利用でき、少々雨が降ったときには濡れた地面に敷いて座ることができますので数枚持っていると便利です。
 
上記以外の持ち物で用意しておくとよいものは、
 
・ペットボトル飲料
脱水症状対策としての水分補給のために準備して下さい。
 
・レジャーシート
長い時間夏フェスを楽しむ人は、休憩するときのためにあると便利です。
 
・虫除けスプレー、虫刺されの薬
山などが会場の場合、虫がいそうな場所もありますのであれば安心です。
 
・ばんそうこう
擦り傷、切り傷、靴ずれ対策
などもありますので、ぜひ参考にしてみてください。
 




Sponsored Links


夏フェスファッションのレディースはどうすればかわいい?

夏フェスは屋外でのイベントですので、女性にとっては紫外線対策が重要になりますが、紫外線対策ばかりを気にしているとおしゃれができないということもあるでしょう。
 
やはりせっかくのイベントですので、かわいさ、そしておしゃれをしながら紫外線対策もしたいですね。
 
そこで夏フェスでのレディースファッションのおすすめをご紹介しましょう。
 
会場に行くと多いのが、
 
・Tシャツ
・ショートパンツ、レギンス(タイツ)
・ナイロン製のハット

 
というスタイルですが暑い時期のフェスですので、締め付けが強い服や通気性が悪いものを着ていると、体調を崩してしまう可能性があり、せっかくの夏フェスを楽しむことができなくなってしまいます。
 
熱中症対策のためにも汗をよく吸収する素材や通気性がよいもの、そして動きやすくて疲れにくい服装を選んだほうが夏フェスを楽しむことができることでしょう。
 
ちなみにレギンスは、日焼け防止、虫刺され予防になるのでオススメです。
 
またショートパンツ以外には動きやすく通気性の良いサルエルパンツの人気も高く、頭にバンダナを巻いてもかわいいですね。
 
そして靴もファッションアイテムとして欠かせない存在で、特に前列であればスニーカーがおすすめですが、後ろのほうでゆっくりと見るのであればサンダルでも良いかもしれません。
 
特に最近ではストラップ付のサンダルの「テバ」が人気ですので、テバを履いて足元を涼しくするのも良いでしょう。
 
持ち物にタオルがあれば、帽子代わりに頭からかぶるのも良いですし、大きめのタオルであれば十分に日よけになります。
 
特に会場で購入したタオルであれば夏フェスの雰囲気を味わいながら明るい気分になれます。
なるべく動きやすい服装がオススメではありますが、やはり地味な色のファッションよりも明るめの色を選んでかわいさやおしゃれを楽しみつつ、気分を上げたいですね。
 

夏フェスファッションのメンズは帽子がモテるポイント?

最近の男性はとてもおしゃれです。
夏フェスの会場に行ってもおしゃれな男性の姿が目立ちます。
 
夏フェスの種類によっては会場の滞在時間が長いということ、そして音楽好きの人々がたくさん集まりますので、新たな出会いが生まれる可能性があることから、女性の視線を気にするメンズが多くなっています。
 
参加するのであれば、そういった出会いのためにもおしゃれにしたいですね。
 
まずベーシックスタイルは、白のTシャツに膝下までのパンツ
 
もしくはチノクロップドパンツもおすすめですよ。
 
様々なメーカーが白のTシャツを販売していますが、「白」は定番の色で無難であること、そして清潔感があることからから現在でも売れ筋商品となっています。
 
また、夏フェスでは動きやすさを考えてスニーカーをおすすめしていますが、最近ではレディース同様「テバ」が人気で、サンダルと靴下のコーデでファッションを楽しんでいる男性の姿もあります。
 
そして夏フェスに必需品なのは何と言っても帽子です。
 
熱中症対策や日よけにとても便利ですがファッションアイテムとして利用することで、会場に訪れている女性から注目を集めるかもしれません。
 
一言で帽子と言っても様々なデザインがありますが、メンズアイテムで人気が高いのは、
 
・裏チェック柄キャンバス中折れ帽中折れハット
ツバの裏のチェックがポイントです。
 
・サファリハット
いわゆる麦わら帽子で布製のサファリハットもありますが、通気性が良いので快適です。
 
・バケットハット
アウトドアにふさわしい帽子で、日差しからしっかり守ることが出来ます。
 
・ハンチング帽
ポロシャツと相性がよく、コーディネートするのであればおしゃれなシャツと組み合わせると上品な大人コーデになります。
 
・キャップ
アメカジに似合います。
ファッションに合った帽子を利用することで、ステキなモテコーデが完成することでしょう。
 

夏フェスはファッションを楽しみながら会場で盛り上がる!

夏フェスは年に1回の大イベントと言っても過言ではありません。
 
夏フェスは全国の様々な地域で行われますが、どの地域に行ってもファッションにこだわりを持っている人がたくさんいます。
 
夏の素敵な思い出づくりに、そして最高の時間を過ごすためにも夏フェスは自分の好きなコーディネートで気分を高めるということがとても大切です。
 
しかし、暑い季節のイベントですので機能面についても考えなければ楽しい夏フェスが台無しになってしまいます。
 
急な天候の変化にも対応できるように、持ち物にはしっかり準備しておきましょう。
 
そして日焼け対策や熱中症対策も大切ですが、モテコーデでおしゃれも楽しんでくださいね。




Sponsored Links








Sponsored Links






紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 803,917 人
RETURN TOP