アンチエイジングの学校

お盆のお供えのお菓子や果物や野菜の意味とマナーは?送り火や提灯の意味は?

この記事は4分で読めます




Sponsored Links


お盆は先祖の霊をお迎えして供養する日となっていますが、実はお盆について意外と知られていない知識やマナーがあります。
日本の文化のお盆の知識・マナーを知ることは教養を得て自分磨きにつながります。
ぜひ奥深いお盆をのぞいてみませんか?

お盆は仏教の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」「盂蘭盆(うらぼん)」を略して使われている言葉と言われています。
盂蘭盆会はインドのサンスクリット語のウラバンナ(逆さ吊りの意味)を漢字にしたものです。
お盆の始まりはお釈迦様の弟子、日蓮が母親が餓鬼道に落ちて逆さ吊りにされていることを知り、お釈迦様に教えを受け、夏の修行が終わる7月15日に多くの僧侶たちへ飲食をささげました。
この孝徳によって、母親が救われたことから旧暦7月15日に先祖・仏様に感謝をするお盆がはじまりました。

日本で最初にお盆が行われたのは飛鳥時代(606年7月15日)で、推古天皇が行った斎会が初めて行われたお盆と文献が残っています。
その後お盆は貴族・武家・僧侶へと広がり、江戸時代には庶民の間にも広がり、現在のようになりました。

お盆の期間は沖縄のように太陽暦で行う地方や7月をお盆の月として行う地方とさまざまですが、一般的には8月13日から16日の期間をお盆とする地方が多くなっています。

お盆の準備は、仏壇・仏具を清め、「精霊棚(しょうりょうだな)」「施食棚(せじきだな)」「お盆棚(おぼんだな)」と地方によって呼び方はさまざまですが、ご先祖様にゆっくり休んでいただける場所を作ったり、提灯を飾ったり、精霊馬を準備したりします。
現代では全てを行うのは難しいので、簡略化したりできる範囲で行われています。

お盆のお供えのお菓子や野菜や果物や花などの意味は?

お盆では色々なお供え物をします。
まず、基本となるのはご先祖様が帰ってきたときにおもてなしの意味がある五供です。
五供は香・あかり・花・水・飲食の5種類でそれぞれに意味があります。

・香
香りをご先祖様に感じてもらい、浄化します。
他にも香食とも言われ、ご先祖様にはご馳走にもなります。
・明かり
ご先祖様の場所を明るく照らし仏様の知恵の象徴と共に人生の無常を表しています。
・花
仏様の世界を高める意味があります。庭や野の花でもかまいません。
個人が好きだった花や喜んでもらえると思う花をお供えしましょう。
・水
お参りする人の心が洗われる意味があり、毎日新鮮なお水に交換しましょう。
・飲食
家族が食べる食事と同じものを食べる前にお供えします。
同じものをお供えすることでつながりを確認することにもつながります。
必ず食べられる状態でお供えし、長時間お供えするのは避けましょう。
次に、精霊馬です。
精霊馬は割り箸をさした“きゅうりとなす”で、お盆のお供え物として有名ですね。
もちろん、精霊馬にも意味があります。

・きゅうり
きゅうりで作られているのは馬です。
ご先祖様が馬に乗って少しでも早く帰ってきてほしいという意味が込められています。
・なす
なすで作られているのは牛です。
帰ってしまうのは少しでもゆっくりと戻って欲しいという意味が込められています。

この意味以外にもご先祖様がきゅうりで作られた馬に乗り、なすで作られた牛にたくさんの供物(荷物)を乗せて、楽に帰ることができるようにとの意味が込められているともされています。

他にも次のようなお供え物と意味があります。
・ほおずき
迎え火・提灯の意味があります。
・果物
丸い物がいいとされています。
基本的に果物はすぐに食べられるように皮をむき、切ってお供えしますが丸い果物は切らずにそのままお供えしてください。
・団子
ご先祖様が帰る際のお土産の意味がありますが、種類などのきまり事はありませんので、喜んでもらえそうなものをお供えしましょう。
お供えの仕方は、すぐに食べられる状態でお供えしましょう。
例えば、
・果物は洗って皮をむき、切って供える
・お菓子などは箱から出して食べられる状態にして供える

しかし、日持ちしないもの、痛みやすいものは長時間お供えせず1〜2時間程度で下げて、お下がりとしていただきましょう。




Sponsored Links


小見出し1用

お盆のお供え時の送り火の意味

お盆はご先祖様の霊をお迎えしてご供養します。
あの世から帰ってくる際に迷わないようにするため、お迎えするための目印として焚く火のことを迎え火といいます。
送り火は、帰り道を照らすことと家の者がしっかりと見送りをしている証という意味を持っています。
一般的には家単位で行われていますが、地域の行事のひとつとして行われている地域もあり、京都で行われている有名な大文字焼きも送り火のひとつです。

以前は、お墓へ出向き迎え火を焚いていましたが、現在は様々な理由から自宅で迎え火・送り火を焚くことが主流です。

小見出し2用候補2

お盆のお供えで提灯の意味は?迎え火や送り火の代わりになる?

実際に迎え火・送り火を焚くのが難しい場合もあります。
その際には盆提灯が代わりに迎え火・送り火の役割をしてくれます。
他にもお盆の提灯には、個人の冥福を祈る気持ち、感謝の気持ちを込める意味もあり、お盆でさまざまなお供え物をしますが、提灯が最高のお供え物ともされています。

故人と親しかった人が新盆を迎えた家へ提灯を贈る習わしもあり、贈られた提灯の数が多いほど周りの人から慕われていたとされます。

提灯を感謝の気持ちを込めて贈る際には、絵柄が入ったものが一般的で、相手側のお盆の準備をなどを考え、早めの時期に贈ることを心がけるといいでしょう。
また、熨斗紙は「御仏前」は一般的ですが、関西では「御供」とするケースもあります。

小見出し3用

お盆の期間は休みを利用してアンチエイジング

お盆について学んで日本文化をまたひとつ深く知ることで内面磨きをしたら外見の美も気になりますよね。
お盆で頭を悩ませるのは、お盆の準備やマナーだけではありません。

多くの女性を悩ませる最大のことは、食のことではないでしょうか。
ひとりでいるとダラダラ過ごして、映画やドラマのDVDを見ながらついつい食べ物に手が伸びてしまいますし、里帰りせずに家族だけで過ごしても、食事の支度をしなきゃいけなかったり、里帰りしたらおもてなしのご馳走を「たくさん食べてね」攻撃を受けたりとお盆の時期は食とダイエットについて真剣に悩む時期です。

でも、考えようでアンチエイジングのチャンスにも変えることができます。
里帰りのお土産を兼ねたり、食事の手抜きをばれないようにできる上に、ダイエット・アンチエイジングができます。

その方法は、お取り寄せグルメです。
おススメは、中性脂肪を減らしてダイエット効果が期待できるジンギスカン。
野菜もたっぷりとれてヘルシーですよね。
他にもコラーゲンたっぷり、アンチエイジングにぴったりで低カロリーな手羽先のから揚げや、見た目もインパクトがあって楽しく、ビタミンが豊富に含まれている野菜を使ったスイーツなどいかがでしょうか?

他にもアンチエイジングにいいものはたくさんあります。
一緒に食事をする人にもバレずにアンチエイジング・ダイエットをすることができます。
これからは、お盆の時期は憂鬱で悩み多い時期ではなく、心身ともに美しくなれる美容にいい時期になりますね。




Sponsored Links






あわせて読みたい



Sponsored Links






紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 802,285 人
RETURN TOP