アンチエイジングの学校

熱中症の吐き気の治し方はどうする?頭痛への応急処置と対策は?再発予防には何がいい?

この記事は3分で読めます




Sponsored Links


夏の暑い時期、最も気をつけなければならないのは「熱中症」です。
最初は「ちょっと体調が悪いのかな?」程度にしか思わないため、あっという間に「吐き気」などの諸症状が出る状態に進行してしまいます。
熱中症は、場合によっては命の危険もあるので十分に注意しなければなりません。
また、熱中症になり健康を損なうことは美容にも良くないことです。
健康を守ることは美貌を守ることにつながります。
健康を維持して、綺麗な体を手に入れましょう。
また、こうした知識が豊富な人は、人から頼りにされ、好感を持たれる傾向にありますよ。

TOP画像出典:http://d15ep7onwbt8j3.cloudfront.net/wp-content/uploads/2015/05/bb16ec7700852e03408be4a66b5343b3_s.jpg

熱中症の吐き気の治し方はどうすればいい?

熱中症の諸症状の一つに、吐き気があります。
ではなぜ熱中症になると吐き気がするのでしょうか。
それは、熱中症になると体内では脱水が起こっているからです。
汗をかくと、血液中の水分が外に出てしまうため血液がドロドロの状態になってしまいます。
すると血液の中の栄養や酸素などが臓器に行き渡らなくなってしまうのです。
水分がたくさんあってサラサラの血液なら細い血管にまで行き渡りますが、血液の粘度が高いとそれができません。
そうなってしまうと内臓は思うような働きができなくなってしまいます。
このため身体がおかしな反応をするようになってしまうのです。
その代表的な症状が「吐き気」です。

では、この吐き気を治すにはどうすればいいのでしょう。
「脱水症状」が主な原因となるわけですから、やはり何よりも「水分補給」が大切です。
しかし「水分さえとればそれで大丈夫」というわけでもないので注意が必要です。
「水分補給」と同時に「電解質、特にナトリウム(塩分)の補給」が必要になります。
これらを同時に補うには、簡単に飲める「スポーツドリンク」等がおすすめです。
自動販売機やコンビニ、スーパー等どこでもすぐ手にいれることができるので良いですね。
昔は熱中症対策のために「水を飲んで塩をなめる」という対策をとっていたと言われています。

小見出し1
出典:http://josei-bigaku.jp/wp/wp-content/uploads/2013/09/5af9970032877l.jpg




Sponsored Links


熱中症の吐き気の応急処置

真夏の炎天下で「吐き気」を感じたらまず熱中症を疑ってください。
また、周囲で具合が悪そうにしている人を見かけたら、すぐに応急処置をとりましょう。
「ちょっと暑さにやられただけだろう」と思いそのまま放置してしまうと、大変なことになりかねません。
1.風通しが良く、涼しい場所へ行き安静にしましょう。
2.身体を締め付けているものを緩めたり、衣服を脱がせて安静にしましょう。
3.体の熱を取りましょう。 水で濡らしたタオルで全身を冷やしたり、うちわや扇風機等で風を送りましょう。
4.意識があるときは、スポーツドリンクなどで水分・塩分補給をしましょう。
意識が無い人がいる場合は上記1~3まで、意識がある時は1~4までの応急処置を行います。
ただし、いくら熱中症とはいえ身体を冷やし過ぎると「低体温」になるので注意が必要です。
身体が震えたり唇が暗紫色になってきたら保温をしましょう。
熱中症対策に、急激な温度変化は厳禁です。
炎天下の屋外から冷房が極端に効いた屋内への突然の移動は、瞬間的には涼しくて快適さを感じると思いますが、身体に様々なダメージを蓄積してしまいますので絶対に避けてください。

小見出し2
出典:http://tietopi.com/wp-content/uploads/2015/05/4ec7e3a826d3.jpg

熱中症の吐き気の対策

ここまで、「吐き気を治す方法」や「熱中症時の応急処置」等、熱中症対策について詳しくご紹介してきましたが、実は「普段の食生活」からも熱中症対策ができるのです。
普段から加工食品が多く、野菜やくだものを食べる機会が少ない人は、是非この機会に食生活を見直してみてください。
水分補給といえばどうしても「飲み物を飲む」というイメージがありますよね。
意外と見落としがちですが、私達は普段の食事からも水分補給をしているのです。
食べることで水分がとれる食品の代表は「野菜」や「くだもの」です。
つまり、野菜やくだものの摂取量がそのまま水分の摂取量に比例し、影響するということです。
夏の気候で水分が必要なのは、私達人間も植物も同じです。
そのため、夏が旬の野菜やくだものには水分がたっぷり含まれています。
夏が旬の野菜といえば、トマトやきゅうり、スイカ、梨等です。
言われてみると、これらの食品には水分がたっぷり含まれていますよね。
調理しなくてもそのまま食べられるものが多いので、水分が不足しがちな人はおやつ代わりにするのもおすすめです。
最近ではコンビニでもきゅうりやトマトなどの「野菜」が売られていたり、「カットフルーツ」が置いてあるところもあるので是非チェックしてみてください。

小見出し3
出典:http://hokkaido.talentnavi.biz/image/medium/303.jpg

熱中症対策は美容対策にも効果的

熱中症対策は命にも関わる大切なことですので、しっかりと覚えておきましょう。
それにしても、「普段の食生活」から熱中症対策ができるというのは意外ですね。
しかも「野菜」や「くだもの」は単に「熱中症対策」というだけではなく、ビタミンやミネラル、カリウム、食物繊維が豊富なので「美容」にも抜群の効果を発揮します。
美味しく野菜やくだものを食べて、熱中症知らずの美しく健康的な身体を手にいれましょう。
夏の暑さに負けない魅力的な笑顔で、モテ度もアップですよ。




Sponsored Links






あわせて読みたい



Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 856,430 人
RETURN TOP