アンチエイジングの学校

夏風邪の症状の咳を止める対策と治療方法は?美容・健康もいい回復食事のとり方は?

この記事は2分で読めます




Sponsored Links


夏の暑い時期、油断すれば夏風邪をひいてしまうことがありますよね。
夏風邪は長引くとも言いますしできればひかずに夏を終えたいですよね。
夏風邪の予防にはまず帰宅したら、うがい手洗いに、目薬を注すことをお勧めします。
目薬が予防になることはあまり有名ではないですが、夏風邪ウイルスの中には、目から感染するものもあるようです。
しかし、夏風邪は気付いた時には既にひいてしまっていることが多いです。
なので、今回はすでに夏風邪をひいてしまっているという方に対応策を挙げていきたいと思います。

夏風邪の症状 咳を止める対策

夏風邪をひく原因として多く挙げられるのは体力の低下による免疫力の低下です。
できるだけ睡眠を多くとり、ビタミンB、ビタミンCを含む食品を摂ることよう心がけることが夏風邪を早く治すことにつながります。
発熱が伴う場合には5mm〜10mm角に切った大根を瓶に間隔をあけて入れ、蜂蜜にひたした状態で3時間ほど寝かしたもの(大根は時間がたつと浮いて来ます)が有効です。
これは、大根そのものを食べたり、蜂蜜を飲んだりしても効果が得られるのでぜひ試してみてください。

夏風邪の症状 咳を止める治療

温かい飲み物を飲むことが、のどの痛みや咳の症状を和らげるのに重要です。
暑いからと冷たい物ばかり口にしてはいませんか?
冷たい物は刺激により器官が圧縮されて、さらに咳が出ることがあるため逆効果です。
お湯でも充分効果は感じられるのですが、もっと欲をいえば、紅茶に少しの生姜と蜂蜜を垂らしたものやしょうが湯をゆっくり飲むと、症状の緩和に一層効果が期待できます。
また、のどの痛みや咳が長く続くようなら別の病気の危険性もありますし、呼吸器科の専門医に治療してもらうことも重要です。




Sponsored Links


3fb0edee08f8f0d3af8509de9aafd47f_m

夏風邪の症状で咳が出ている場合の食事

夏風邪のひき始めにいいとされているのは生姜ワインです。
なじみのない名前ですが作り方は簡単で、20mlの赤ワインに対し3~4滴の生姜汁(生姜を磨るときに出る汁でOK)を入れるだけです。
風邪をひいているのが大人ならいいですが、子供にこれを飲ませる訳にもいきませんので1歳以上のお子さんには、毎日寝る前にスプーン1杯の蜂蜜を飲ませてあげて下さい。
これは大人ならスプーン2杯がいいそうです。
他にも納豆、ヨーグルトなどの発酵食品を1日に2回以上間隔をあけて摂るといいとされています。

0820b645551580f3c6471b114c0af800_m
このように、風邪を早く治すためには免疫力を高めることが重要で、咳などの痛みには蜂蜜が有効なようです。
蜂蜜の中でも特に、マヌカハニーというものがいいようですが、そちらは偽物や代用品なども多く出回っているようなので購入の際は注意が必要です。




Sponsored Links








Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 941,335 人
RETURN TOP