アンチエイジングの学校

ウォーキングの効果が出るまで1か月?効果的な時間帯や距離は?ウォーキング効果はダイエットにも健康にも?杏のスタイルキープ法に学ぶ

この記事は2分で読めます




Sponsored Links


7月から始まる「花咲舞が黙ってない」主演の杏とは?

杏さんの本名は渡辺杏で、お父さんはハリウッドでも活躍する俳優の渡辺謙さん、そしてお兄さんも同じく俳優で渡辺大さんです。

15歳から『non-no』の専属モデルとして活動し、2007年に女優デビュー、以降、女優もモデルも精力的にこなしています。
2013年秋から2014年春の、NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』のヒロインに抜擢され高視聴率を記録、大ブレイクのきっかけとなりました。
最近では2015年1月「デート?恋とはどんなものかしら?」で初の月9ドラマの主演・ヒロイン役を務め、更に今年7月からの続「花咲舞が黙ってない」に主演するなど、今ノリに乗っている女優さんです。
また、杏さんは174cmの長身ですらりと伸びた手足、すっきりした立姿に象徴される美しい姿勢は知性をも醸し出すとても魅力的な女性です。
その姿勢の美しさを保つ秘訣はペットボトルウォーキングだそうです。
水を入れたペットボトルを頭上に乗せて、バランス良く歩くモデル歩きが均整のとれたスタイルと立姿を維持する秘訣のようです。

TOP画像出典:http://xn--vekw70ybyi.com/trend-navi.net

 

杏さん01

出典:http://blog.livedoor.jp/keikoblog420/archives/50650364.html

 

モデルのような正しいウォーキングの方法

スタイル抜群の杏さんがその維持の為に実践しているペットボトルウォーキングはどのようにすればよいのでしょうか。
1、姿勢の美しさを保つために、まずは頭の上にペットボトルを乗せて、1分間立っていられるようにしましょう。
2、次は足踏みをして姿勢を意識できるようになりましょう。
3、足ふみで意識した姿勢を保ちながら歩いてみましょう。
頭に乗せたペットボトルで体の軸のブレをチェックしてみて下さいね。
どんなに動いてもペットボトルが落ちないようであれば、体の軸がまっすぐになっているという事でバランスよく歩けるようになるそうです。
頭の重心にブレがなくバランスの良い歩き方は、姿勢も良く見た目にも美しく、美脚効果もあるそうです。
はじめは350mlのペットボトルに水を入れたもので始めるのが良いでしょう。
慣れてきたら500mlに替えてみて下さい。
お金もかからないのでぜひトライして、続けてみてはいかがでしょうか。
歩けるようになれば私達ももう一流のモデルさん?!!
杏さんになりきって女優ウォークしてみましょう!




Sponsored Links


 

杏さん02

出典:http://asiyase.vivian.jp/?p=417

 

ウォーキングの効果はいつから?効果が出るまでの期間と効果的な距離は?

正しい歩き方を行うことで美しい姿勢が身につき体の歪みがなくなります。
歪んでいた骨盤が矯正されることで血行が良くなり、脚のむくみ、冷えの改善、猫背の矯正にもつながります。
正しい姿勢を意識するだけで美しさは倍増するそうで、更に軸を整えれば体幹がしっかりとします。
正しく綺麗な姿勢でのウォーキングはダイエットにも効果的で、余分な脂肪を落とした引き締まった体型がスッキリとして痩せてみえるのです。
ウォーキングは酸素を十分に取り入れながらの有酸素運動ですから、ストレス解消や健康維持、生活習慣病の予防にも効果的なのだそうです。
かといって、一朝一夕に効果が出るものではなく、継続することがとても重要なようです。

とはいえ、1週間も続ければ筋肉はつきますので、体温アップや代謝アップはじょじょに感じられるようになるようです。

効果的な距離は、1日1万歩を越えると効果が実感できると言われ、2万歩を越えると体の引き締め効果をグンと感じられると言われています。

万歩計を利用して、生活の中で歩いた歩数も計測してOKです。
ウォーキングを自分の生活のパターンにうまく取り込めるようにしましょうね。

 

walk

出典:http://googirl.jp/lifestyle/1305walking486/

 

 美しく歩いてアンチエイジング

どんなにキレイにメイクしていても、どんなに素敵な服を着ていても、歩く姿がオバサンでは、目も当てられませんよね。

普段意識していない分、そこには普段隠れて見えなかった年齢が現れていたりするものです。

颯爽と風を切って歩く姿は、実に美しいと思います。

モデルさんがしているような、正しいウォーキングの方法を身につけ、自然体でいながらも美しくいられるようにしましょう。

いつ、どこから見られているか分かりません。

常に見られていることを意識して、アンチエイジングに励みましょう。




Sponsored Links








Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 843,769 人
RETURN TOP