アンチエイジングの学校

余貴美子を見れば一目瞭然!?燕の巣の美肌効果とその食べ方とは?

この記事は3分で読めます




Sponsored Links


ドラマ「Dr.倫太郎」に出演する余貴美子さん。
周りを明るくするチャーミングなオーラを持ち、姉御的存在で、余貴美子さんを慕う女性は多いと聞きます。
そんなパワフルチャーミングな余貴美子さんの美肌の秘密とは・・・
TOP画像出典:http://hamarepo.com/story.php?story_id=3732

 

「Dr.倫太郎」出演中の余貴美子さんとは

4月15日から放送される水曜ドラマ「Dr.倫太郎」。
その中で余貴美子さんは、精神科医、日野倫太郎が知り合った新橋の売れっ子芸者、夢乃のいる置屋のお母さん役を務めています。

 
余貴美子さんと言えば、台湾人の父と日本人の母を持つ、現在58歳の美魔女!
ドラマ「ちゅらさん」や、映画「おくりびと」で大ブレイクし、2008年、2009年には2年連続で最優秀助演女優賞など数々の賞を受賞している大女優です。
そんな美肌を持つ年齢不詳の美魔女、余貴美子さんの必須アイテムには燕の巣がありました!
「ふふふっ、楊貴妃も愛したって言いますしね!私は、TVで見たり誰かが良いと言ったことは、何でもやってみるんですねぇ。これで美しくなる!と思い込んでね♪(笑)」とインタビューで語り、母国台湾でも大人気な燕の巣を取り入れたアンチエイジングを実践されているようです。
肌にいいと噂の高級食材、燕の巣。
どんなふうに美肌にいいのかピンと来ないので色々と調べてみました。

 
余貴美子1
出典:http://www.alpha-agency.com/artist/photo/pht1.jpg

 

燕の巣とは

中国の沿岸部に生息しているツバメが作る巣で、ウミツバメやアナツバメの巣を指しています。
中国沿岸に住むツバメの巣は、海藻と人間でいう唾液で作られています。
巣は崖の高い所に作られているので採取するのが難しく、そのため高額で貴重な食材となっています。
独特のゼリー状の食感が特徴で、固いゼリーや寒天のような感じらしいです。
古くから美容と健康に良いとされている漢方食材で、かの西太后や楊貴妃が連日のように食べていたと伝えられています。

 
余貴美子2
出典:http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/2c/Ediblebirdsnest.jpeg




Sponsored Links


 

燕の巣の効果・効能

燕の巣は、タンパク質と多糖類が結合したムチンが主成分で、タンパク質と共に糖質の一種のシアル酸を多く含んでいます。
インターロイキン-6や上皮成長因子(EGF)、繊維芽細胞成長因子(FGF)のサイトカインがたくさん含まれることが、研究によって分かってきています。
EGFとは、肌細胞の再生を促進するタンパク質の一種で、高級化粧品の原料にもなっています。
FGFとは、肌の張りを保ち真皮層を活性化してくれるエラスチンを作る細胞です。
EGFやFGFは、アンチエイジングの化粧品にも含まれていて、とても効果があると話題になっているんですよね。

 
それ以外にも美肌には必要なシアル酸、コラーゲンやヒアルロン酸も含まれています。
シアル酸は、抗酸化作用の効果でシワやたるみの原因となる活性酸素を和らげ、アンチエイジングに効果があると言われています。
もともと人の体にはシアル酸がありますが、ヒトの唾液が5だとすると、ローヤルゼリーが50、燕の巣が10000ですので人の200倍も含まれています。
燕の巣のシアル酸量は段違いですね!

 
余貴美子3
出典:http://www.asahicom.jp/showbiz/movie/images/TKY201002050318.jpg

 

燕の巣の食べ方

アナツバメの巣は世界中で高い人気を誇る食材となっており、スープの具やデザートの素材、飾り付けとして使われています。
燕の巣は元々、味がしないらしく、食感を楽しむものとして、主に広東料理の高級食材に用いられています。
お湯で柔らかく戻した燕の巣を甘く味付けし、デザートやスイーツとして食べるのが基本のよう。
それ以外にもカキ氷のトッピングにも使われている所も!
台湾や中国の屋台では燕の巣のスイーツを気軽に食べられるところもあるそうです。
もし旅行先で燕の巣を置いてある屋台があったら、食べてみたいですね。

 
余貴美子4
出典:http://pds.exblog.jp/pds/1/200805/28/29/c0067529_19552865.jpg

 

ぷるぷるお肌を手に入れよう

余貴美子さんは燕の巣を、一度で二度おいしい使い方をされているようです。
6時間かけてゆっくりとお湯で戻した後に、1日水に浸けておくのがポイントだそうで、燕の巣はスープやデザートにトッピングして食べて、戻す時に使ったお湯やお水を「化粧水」として使っているそうです。
燕の巣は「身体の中から外から美しくしてくれる実感がある」というのも、余貴美子さんを見れば分かりますね。
「5袋で2万円位の金額だけど、1袋で80日くらい使える」とも言われています。
内からも外からも摂取して美肌に近付けるなら、お得ではないでしょうか。
あの年齢であの美しさですから、何とも説得力のある言葉に聞こえます。

 
最近では外出先でも手軽に取れるサプリの種類もたくさんあるので、お肌が気になる方は色々と試してみても良さそうですね。
食べる細胞エステと言われるほどの、アンチエイジングに効果的な燕の巣を使って、余貴美子さんのように年を重ねてもいつまでも綺麗でいたいですね!




Sponsored Links






あわせて読みたい



Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 844,065 人
RETURN TOP