アンチエイジングの学校

若さの秘訣は食事と少食?イソフラボンの効果は妊娠だけじゃなく肌にも髪にも胸にもある?永作博美がモテる女性ホルモンの秘密とは?

この記事は3分で読めます




Sponsored Links


映画『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』主演の永作博美さん。
デビューしてからもずっと永遠の「少女」のような美しさをキープしています。
実年齢44才とは思えないですし、2児の母でもあるのにどうしてあのような美しさを維持できているのでしょうか。
TOP画像出典:http://leaddy.com/28518.html

 

甘酒豆乳

以前、「脳と腸」がとても密接関係があることの本を読み、調理師の免許を持つ永作博美さんは「甘酒豆乳」に注目したそうです。

甘酒の甘さが砂糖カットダイエットに繋がり、食物繊維も多いので腸内環境を整えるそうです。
そして、麹菌がシミの原因になるメラニンを抑え、美白効果があるのだそうです。

 

永作博美さんは、毎日飲んでいるそうです。
また早寝などを心がけ、疲れを溜めないという対策も美肌を維持する秘訣ともいえるでしょう。

 

 

 

高齢出産でも若返る

高齢出産をすると、若返るという話を聞いたことがあるでしょうか。

その話には、ちゃんとした根拠があるようです。

 

例えば、出産することで女性ホルモンが分泌され、老化のスピードが遅くなりお肌もつやつやになるといわれているそうです。

 

また、子育てで、身体も精神力もフルパワーとなり、愛しい子供に癒されます。

それが、心身共に充実と幸福感を得て、若々しさを自然ともたらしてくれるというのです。
メンタル面でも影響があるようです。

高齢になってから子育てをされた方が、自分にも多くの知識と大人としての包容力もあるので、どっしりと構えて、いいお母さんになれる余裕があるので、自分に費やす時間も作れるようです。

 

index_img_09
出典:http://matome.naver.jp/odai/2140773680648087001/2142027850753471603

 

簡単で美味しい 若返り料理

イソフラボンをたっぷり補給できるお料理がありましたので、ご紹介します。

トマト缶で煮ました☆チキン&大豆

トマト缶で煮ました☆チキン&大豆
トマト味だけれど、ご飯にも合います。もちろんパンにも。大豆が入るので、お腹もふくれます。
材料
鶏肉(モモ)
600g
大豆(水煮)
150g
トマト缶(水煮)
1缶
大1コ
中1本
1片
オリーブ油
大さじ2
◇固形コンソメ
1コ
◇しょうゆ
大さじ1
◇みりん
小さじ1~2
◇塩
小さじ1
◇こしょう
適量
小麦粉
適量
Bargains icon mini近くのお店のチラシ・特売情報を見る(無料)

若鶏もも肉唐揚げ用 250 ※商品例




Sponsored Links


1

写真

【野菜の下ごしらえ】たまねぎは2センチ角、人参はいちょう切り、にんにくはみじん切りにする。

2

写真

【鶏肉の下ごしらえ】鶏肉を食べやすい大きさに切り、塩こしょうをする。焼く前に小麦粉をまぶす。

3

写真

オリーブ油(大さじ1)で鶏肉を焼いて、取り出しておく。           *ここでは表面を焼くだけでOK

4

写真

フライパンにオリーブ油(大さじ1)とにんにくを入れ火にかける。香りが立ってきたら、たまねぎとにんじんを炒める。

5

写真

トマトの水煮(1缶)・水(トマトの空き缶に1杯分)・大豆・調味料(◇)を入れ、③の鶏肉を入れ10分くらい煮る。

6

写真

刻みパセリをのせて、バターライスと一緒にどうぞ。

コツ・ポイント

しょうゆ・みりんを入れたせいか、ごはんにもよく合います。バターライスは温かいごはんにバターと刻みパセリを混ぜただけ。〈簡単〉が私のテーマです。野菜はピーマン・セロリ・いんげん等何でも入れてください。トマト缶はカットのものを使いました。

このレシピの生い立ち

家にある材料をとりあえず煮てみたのが最初。それ以来我が家の定番です。

※こちらのお料理は永作博美さんの作ったものではありません。レシピの例としてご案内させて頂きました。

 

イソフラボンで若返ろう

イソフラボンには女性ホルモンと似た働きをするといわれています。
女性ホルモンにはお肌のコラーゲンを作り、そして潤いも与えてくれるという効果があるため、イソフラボンは大変注目な成分なのです。
更年期になると、肌が衰えたり乾燥するのは女性ホルモンの分泌が減少するからともいわれています。
メンタル的にもイライラしたりと情緒不安定になる傾向もありといわれているそうです。
積極的に大豆料理や納豆でコレステロールを下げ、皮膚の血行促進を促し、より美肌効果を実感しましょう。
身体の中から『アンチエイジング』を意識し、永作博美さんお勧めの「甘酒豆乳」を取り入れ内面から衰えない美しい自分を、さっそく手に入れましょう。




Sponsored Links






あわせて読みたい



Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 841,555 人
RETURN TOP