アンチエイジングの学校

たけのこのえぐみは食べても大丈夫?成分は吹き出物の素?

この記事は1分で読めます




Sponsored Links


初夏になると、店頭にはますます美味しいものが多く並びます。

その中の1つが「たけのこ」だと思います。

今回は、このたけのこについてご紹介していきたいと思います。

 

たけのこのえぐみ成分と含有物は?

たけこのには、アミノ酸が含まれています。例えば、グルタミン酸やチロシン、アスパラギン酸といったものです。

この中の「チロシン」ですが、これはたけのこをゆでた時に出る“白い粒状”のもの”です。

食べる前によく洗って落としている方や、食べること自体をためらう方もいらっしゃると思いますが、これは全く外がありません。

安心してお召し上がりください。

 

また、カリウムも豊富で、これはナトリウム(塩分)を排泄してくれる成分です。

そのため、むくみを取ってくれる良き成分です。

同時に、高血圧の方にも効果があります。

 

食物繊維がとても豊富で、便秘解消となるので、お肌の調子も整いやすくなります。

同時に、大腸がんの予防にもつながります。




Sponsored Links


 

他にも次のような成分が含まれています。

ビタミンE,K、B1,B2、B6,ナイアシン、葉酸、バントテン酸、カルシウム、リン、鉄、マグネシウム・・・などです。

 

たけのこのえぐみは食べても大丈夫?

美味しく、体に良い成分を多く含んでいるたけのこですが、食べ過ぎは、体に害を与えると言われています。

具体的に言うと、アレルギー症状に似た症状を引き起こしたり、吹き出物が出たりするというのです。

アンチエイジングに適した食材ではありますが、食べ過ぎには注意してください。

 

 たけのこのえぐみ取りと美味しく食べるレシピと方法は?

せっかく良い成分を含んでいるたけのこですから、美味しく頂きたいものです。

 

  • たけのこご飯
  • 若竹煮
  • たけのこの南蛮酢
  • 土佐煮
  • バター醤油焼き
  • 麻婆春雨
  • ナムル

 

などが美味しく食べれるレシピで、とてもオススメです。

 

ぜひ、お料理して、美容も食も楽しんでみてくださいね。




Sponsored Links








Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 841,555 人
RETURN TOP