アンチエイジングの学校

低体温症の対策と原因は?危険な効果は風邪にもダイエットにも妊娠にも?

この記事は2分で読めます




Sponsored Links


皆さんは、ご自分の平熱をご存知でしょうか。

 

現代の女性の平均体温は、36.20度です。

実は、これは、50年前の日本人の平均が36.89度だったことを考えると、だいぶ下がっていることがわかります。

TOP画像出典:http://www.healthcare.omron.co.jp/product/mc/mc-172l.html

低体温症の対策は検温から

まず、3~4日間、朝・昼・夜の体温を測って平均を出します。

検温は、いつも同じ測り方をすることが大切。

 

体温の測り方は?

わきの中央部に下から突き上げるイメージで挿入しましょう。

汗を拭くこともお忘れなく!

汗をかいていると、熱の伝導率が異なってしまい、正しく検温できない可能性があります。

 

それから、下着に触らないようにしましょう。

下着などに当たってしまうと、これもまた熱の伝導率が異なってしまい、正しく検温できない可能性があります。

 

健康的な人の平熱は36.5~37.1度なので、ぜひご自身の平均体温と比較してみてください。

低めの方は、要注意です。

 

スクリーンショット 2015-03-16 11.48.46

出典:http://www.healthcare.omron.co.jp/product/mc/mc-172l.html

 

低体温の危険性とは?ダイエットやアンチエイジングにも悪効果

低体温が危険な理由。

それは、基礎代謝に影響があるからです。

 

体温が1度下がると、基礎代謝はなんと12%もダウンしてしまうと言われているんです!

これは、1日に200~500Kcalも基礎代謝を下げることになりますから、1ヵ月に換算すると恐ろしい結果がみられることとなります。

 

つまり、人と同じ量の食事を取っても、低体温の人は太りやすいということです。

肌が荒れる上に、ダイエットの邪魔までするなんて、低体温は、アンチエイジングの大敵という言葉がピッタリです!

 

効率よく脂肪を燃やしてキレイになりたいと思うなら、体温を上げて低体温を克服しましょう。

 

低体温対策は食べ物も効果的?治し方のおすすめはどれ?

では、具体的にどうしたら良いのか。




Sponsored Links


下にまとめましたので、ご覧ください。

 

  1. 冷たい食事、飲み物は避けましょう。(これは、体を冷やすことになります。)
  2. 食品添加物の多いお菓子、レトルト、加工食品は避けましょう。
  3. そして、根菜を多く食べるようにしましょう。(体を温める作用があると言われています。)
  4. おなかいっぱい食べないようにしましょう。
  5. 飲み物はノンカフィンが原則です。
  6. 足湯や半身浴をするようにしましょう。(体を芯から温めることが大切です。)
  7. 睡眠をしっかり取ることもお忘れなく。
  8. 薬を乱用しないようにしましょう。
  9. ストレッチをしましょう。(血流が良くなります。 )
  10. リンパマッサージも取り入れましょう。
  11. 足裏マッサージも取り入れましょう。(血流を良くしてくれます。)
  12. 深い呼吸をするようにしましょう。
  13. 薄着はせず、暖かい格好をしましょう。(夏でも日中は、靴下、ストッキングなど履くようにしましょう。 )
  14. 夜は靴下は履いて寝ないようにしましょう。(代謝が悪くなると言われています。)

 

 

以上に気をつけながら生活していけば、低体温も改善されることでしょう。

 

スクリーンショット 2015-03-16 11.51.31

出典:http://kirari30.com/30代で睡眠時間を変えて体をコントロールする

 

低体温を改善する方法でアンチエイジング

いかがでいたでしょうか。

低体温症がダイエットの大敵になることがお分かりいただけたでしょうか?

 

アンチエイジングを心がけている方なら、誰しもスタイルも気にかけていると思います。

太ってしまったら、いくらキレイに装っていても、できることが限られてしまいますからね。

太らない体質を作って、アンチエイジングを心がけていけば、更にキレイになること間違いなしです。

早速平熱を測定して、自分の体温を知ることから始めましょう。




Sponsored Links








Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 916,383 人
RETURN TOP