アンチエイジングの学校

きのこの栄養の効果はない?栄養の効能とダイエット効果は?ホクトのCMでお馴染みの要潤が大好物?

この記事は2分で読めます




Sponsored Links


wowowドラマ「闇の伴走者」に出演中の要潤さんといえば、香川県生まれで『うどん県』という名を広めた事で有名ですね。
なんでも香川県副知事といわれているらしいですが、キノコのCM「ホクト」でも大活躍!

要潤さんも大好きなようです。

今回は、そんなきのこの詳しい成分について覗いてみましょう。
TOP画像出典:http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20071226/50761_200712260354600001198674438c.jpg

 

きのこの栄養

要潤さんも大好きなきのこ。

体に良いのは分かっていますがいったいどういいのでしょうか。
◇エリンギ・・・多種類のミネラルがあり骨や体を作るのに友好的な成分があり、カルシウムを吸収も助けるビタミンDがあります。
◇えのきだけ・なめこ・・・肝臓の機能を高めるギャバ成分とビタミンB1が多いといわれています。
◇しいたけ・・・老化防止である、グルタミン酸・B-グルカン(免疫力アップ)効果があり特に、干ししいたけには栄養成分が凝縮されているようです。
◇マッシュルーム・・・カリウム、ビタミンB2、うまみ成分グルタミン酸が豊富らしいです。
干ししいたけをお水で戻すと、茶色い液体になりますが、あれがうまみ成分となるのだそうです。

香りも良く、出汁のもととして好まれるのも分かるような気がしますね。

要潤2-1
出典:http://img03.ti-da.net/usr/sakata/IMGP0294.JPG




Sponsored Links


 

きのこの効果

ホクトのキノコといえば、エリンギ、舞茸、ブナシメジ、ブナピーがお馴染みでよくスーパーでもみかけますが、きのこを食べる事でどんな効果があるのでしょうか。
◇カロリーが低い為健康食としても注目され、高血圧や心不全の防止や生活習慣病などでお悩みの方のメニューに最適で、ほんしめじは14kcalと大変低いのです。
◇舞茸には、肌荒れやしみそばかすに対する美白効果もあるといわれ、メラニンの発生を抑える(チロナーゼ)阻害物質、ビタミンD、ビタミンB1、鉄、カリウム
脂肪分解、肝臓機能活性化、コレステロール減少とダイエット効果も期待が出来る大注目のきのこなんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典:http://kinokonojikan.com/wp-content/uploads/2013/08/shiitake003.jpg
※特に、舞茸から出るエキス(ホイル焼きなど)を取り入れる事が直接的に、脂肪分解に働きかけるようでお鍋やお味噌汁、うどんにもあうので
いろんなアレンジをして楽しむ事が出来るスーパーきのこともいえますね。

 

きのこを食べてアンチエイジング

和食を食べている私達の食文化には、煮物にも茶碗蒸しにもきのこが入っていたりします。

私もお料理を作る時は、意識してきのこを入れるように心がけています。

きのこ料理は、年間を通して食べられるので、毎日取り入れる習慣を身に注目したいです。

要潤さんも大好きなきのこを美味しく食べるレシピを考えて、今夜のメニューからいかがでしょうか。

簡単なのはすべてのきのこをカットしてオリーブオイルとガーリックで炒めて、白ワイン少々とお醤油だけで味付けするだけ・・・おすすめです。

十分美味しい一品に仕上がりますから、ぜひお試し下さい。

美肌成分や、体の中のお掃除を食物繊維がしてくれるので、アレンジの効くきのこほど身近な食材をどんどん活用して、衰えない肌を作りましょう。

食事からもアンチエイジングが出来て、嬉しい限りですね。




Sponsored Links








Sponsored Links






紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 804,693 人
RETURN TOP