アンチエイジングの学校

亜麻仁油は安めぐみが妊娠中に愛用した母油がいいの?効果効能はダイエットやアンチエイジングにも?妊娠中や子宮にもいいの?

この記事は2分で読めます




Sponsored Links


先日、第1子となる女の子を出産した、安めぐみさん。
母として、ママさんタレントとして、これからの活躍が楽しみですね。
そして今、安めぐみさんが妊娠中に愛用していたとして、注目を集めているのが「亜麻仁油」です。
安めぐみさん自身も、ブログやテレビで紹介されていました。
ではなぜ、亜麻仁油がお勧めされているのでしょうか・・・
画像出典:http://eyemake-mejikara-up.doorblog.jp/archives/19780301.html

 

第1子出産の安めぐみさんと、愛用している亜麻仁油とは

安めぐみさんは、1981年12月22日生まれ、東京都出身。
「いいお嫁さんになりそうな女性」ランキングで1位になったこともある、安らぐ雰囲気が魅力のタレントさんです。
2011年に、タレントの東貴博さんと結婚。
2015年3月、第1子を出産しました。
妊娠、出産をするとなれば、赤ちゃんのために良いことを取り入れよう!と考えるのが母性なのでしょう。
安めぐみさんは、「いいと聞いたので」と亜麻仁油を飲み始めたことをブログに綴っています。
亜麻仁油とは、「亜麻(アマ)」の種から抽出される油のことです。
オメガ3脂肪酸の一種、αリノレン酸という成分をとても多く含むことで注目されています。

 
img_0 (1)
出典:http://blogs.yahoo.co.jp/view_photograph/GALLERY/show_image.html?id=32005369&no=0

 

亜麻仁油と子宮、妊娠の関係

子宮を良い状態に整えるためには、悪い脂質をとらず、良い脂質をとることが必要になってきます。
良い脂質としてあげられるのが、必須脂肪酸と呼ばれているもので、その中にオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸があります。
オメガ3とオメガ6は、細胞膜を作る働きをするそうです。
細胞を元気な状態にして、栄養を取り込んだり、老廃物を出したりするために、欠かせない成分なのですね。
そしてこのオメガ3とオメガ6は、食事などで体外から取り入れなければならないそう。
特に、オメガ3が多く含まれる食品は少ないため、体内で不足していると言われています。




Sponsored Links


 
images (1)
出典:http://nbr.jp/

 
そこで注目されているのが、亜麻仁油。
オメガ3を豊富に含み、血流をサラサラにして、酸素や栄養が、子宮を含む身体の隅々まで行き届くようにサポートします。
また、リグナンという成分も含んでいて、体内で女性ホルモンと同様の働きをするとされています。
亜麻仁油の成分によって、細胞を元気にして、女性ホルモンのバランスが整うことでの、子宮の老化症状の改善が期待されていて、妊活中の女性から注目されています。

 

妊娠後期にもいい亜麻仁油

安めぐみさんは、妊娠中に良質の亜麻仁油として知られている母油を飲み続けていたそうです。
妊娠後期では赤ちゃんの脳が作られていきますが、このときにオメガ3が脳の発達に良い作用をすると言われています。
「母体や母乳を通して、良い脂質を赤ちゃんに届けましょう」と、亜麻仁油がお勧めされています。

 
8847668a7f3828f3af1e3d4d8f1bf5f7_s

 
亜麻仁油は、健康や美容のために素晴らしい効果があります。
だからと言って、摂り過ぎは禁物。
摂りすぎると、お腹を壊してしまうそうです。
1日の摂取量はスプーン1杯が適量で、加熱するとその作用がなくなってしまうため、そのまま摂るようにしましょう。
亜麻仁油を取り入れて、細胞からアンチエイジングしていきましょう!




Sponsored Links






あわせて読みたい



Sponsored Links






紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 802,285 人
RETURN TOP