アンチエイジングの学校

髪のパサパサの原因と予防やケアなど改善方法を公開!

この記事は4分で読めます




Sponsored Links


冬の季節になりますと、皮膚などが乾燥しやすくなり、
髪の毛が細くなり、髪の毛のツヤがなくなり
パサつき具合が気になりますよね?
 
髪の毛がパサつく原因については人それぞれの原因があるのですが、
髪の毛のパサつきというのは毎日のケアで治すことができるものなのです。
 
また、髪の毛がパサパサになる原因には
シャンプーの流し残しや髪の毛の乾かし方に問題がある場合があります。
 
そこで、今回は冬の乾燥する時期に髪の毛がパサつく人のために、髪の毛の乾燥とパサつきを改善する方法をお伝えします。
 
この記事と読んで、冬の乾燥する時期に髪の毛のパサつきが少しでも改善されることに役立てれば幸いです。
 

髪のパサパサはシャンプーが原因?

髪の毛のパサつきが気になる方に共通して多いのが
シャンプーが原因によるものが多いです。
 
読者の方はシャンプー前にブラッシングをしたことがありますか?
 
ほとんどの読者の方はブラッシングをせずにいきなりシャンプーをするかと思います。
 
例えば、美容院などに行きますと、
髪の毛を最初散髪する前にちゃんとブラッシングをしてもらうかと思います。
 
実は、シャンプーをするまえにブラッシングで髪の毛の
絡まりをときほぐすことが大事なのです。
 
ただ、ブラッシングにも注意点がありまして、
いきなり地肌や根元からブラシを入れてはいけない点と
ブラシに力を入れすぎれ無理やり梳かす点に注意です。
 
やはり、地肌にブラシを入れてしまうと
皮膚が傷ついてしまい、フケが多くなる原因にもなりますし、
 
ブラシに力を入れすぎてしまうと、髪の毛の表面を保護している大事なキューティクルが剥がれ落ちてしまいます。
 
ブラッシングのコツとしましては、
毛先の先端からブラシを入れることがおすすめです。
 
毛先からブラッシングをして、
毛先→中間→根元→頭皮の順でブラッシングをしてみてください。
 
ブラッシングによって頭皮についたフケやほこりを
取りましたら、ぬるま湯で全体をすすいで
頭皮と髪の汚れを落とします。
 
実はこれだけで8割の汚れが落ちるようになるのです。
 
また、髪の毛のシャンプーにはシリコーン入りのシャンプーをおすすめします。
 
ほとんどの読者の方は髪の毛の問題を改善する際に
高価なシャンプーをリサーチする傾向があるのですが、
 
まず、シャンプーの前のブラッシングの仕方を学ぶ必要があります。
 
ですので、シャンプーで髪の毛の乾燥が改善されないという方はシャンプー前にブラッシングをすることをおすすめします。
 

髪のパサパサと地肌のかゆみの原因の共通点とは?

髪の毛というものは地肌から生えてきますよね?
 
つまり、髪の毛がパサつくということは、
髪の毛の生える地肌に問題がある場合があります。
 
地肌が傷ついてしまうと、フケの原因や頭皮のかゆみの原因になり、ますます髪の毛が傷ついてしまいます。
 
では、髪の毛の頭皮を健康に保つにはどうすればよいのでしょうか?
 
第一に、シャンプーの洗い流しに注意することです。
前章でも述べましたが、頭皮の汚れというのは
シャンプー前のブラッシングをしてぬるま湯で流すだけで
8割は落とすことはできるのです。
 
むやみやたらにシャンプーで汚れを落とそうとしますと、
シャンプーの化学成分が頭皮を傷つける恐れがあります。
 
ですので、シャンプーの量はできるだけ少ないほうが良いです。
 
シャンプーの量を少なくすれば、洗い残すということもなくなりますので、
まずは、シャンプー前のブラッシングをして、
できるだけシャンプーを使用する量を減らすことをおすすめします。
 
第二に、食生活やストレスに問題がある場合があります。
 
頭皮というのは皮膚と同じなのです。
 
顔がむくんでいれば、頭皮もむくんでいるのです。
 
むくみの原因には食生活や疲れなどによるストレスが
多くを占めています。
 
ですので、できるだけ多くの睡眠をとり、
良い食生活を取り、髪の毛や頭皮に十分な休養を
与えることをおすすめします。
 




Sponsored Links


髪のパサパサをドライヤーで防ぐ方法は?

みなさんは髪の毛を洗った後の乾かし方は自然乾燥でしょうか?
ドライヤーで乾燥しますでしょうか?
 
世間一般では、ドライヤーは熱で髪の毛が痛むので
自然乾燥にしているという読者も多いかと思います。
 
しかし、実際はドライヤーのほうが髪の毛や頭皮にはいいんです。
 
なぜなら、髪の毛を洗ってすぐに乾かさなければ、
水分が髪や頭皮に付着したまま雑菌が繁殖して
フケやかゆみ、匂いの原因になってしまうからです。
 
そこでこの章では髪の毛の乾燥を防ぐドライヤーの方法をお伝えします。
 
まずは、ドライヤーをする前に髪の毛の水分をタオルで拭き取ってください。
 
その際に、髪の毛はタオルでこすり合わせないで
タオルで挟んで押すようにして水気を吸い取ってください。
 
そのあとドライヤーをするのですが、
ドライヤーと髪の毛は10cmほど離して当ててください。
 
そして、ドライヤーの場合は先に根元から乾かします。
 
キューティクルというのは、
根元から毛先に向かってるので、
根元→毛先の順に乾かしてください。
 
最終的に髪の毛の8~9割乾いていればドライヤーを
ストップします。
 
以上のように、髪の毛はタオルドライだけだと
乾燥の原因になってしまいますので
ドライヤーもちゃんとすることをおすすめします。
 

髪のパサパサの改善方法まとめ

髪の毛のパサパサなどの乾燥というのは日頃の髪の毛のケアの積み重ねで良くなるのです。
 
やみくもに、高価なシャンプーを使用したからとしても解決はできないのです。
 
最後にもう一度、髪の毛のパサパサの原因と予防やケアの改善方法をまとめてみましょう。
 
・シャンプー前にブラッシングを正しく行うことで
使用するシャンプーの量を減らすことができ、
乾燥の原因になるシャンプーの洗い残しを防ぐことができる。
 
・髪の毛というのは頭皮から生えるものなので、
日頃の食生活やストレスなどによって
顔がむくむということは頭皮もむくんでいるので
栄養価の高い食物を取り、バランスよく睡眠をとる。
 
・髪の毛を乾かす際にタオルドライだけでは
水分が髪の毛に付着したままなので雑菌が繁殖して
フケやかゆみの原因になるので、
タオルドライだけでなく、ドライヤーも使う。
 
以上のように、シャンプーをする前と後でしっかり
ケアを行うことで頭皮の地肌環境も良くなり、
フケやかゆみの原因を抑えることができ、
髪の毛のパサパサも防ぐことができます。
 
ですので、高価なシャンプーを手に取る前に、
しっかりとシャンプーの前と後のケアに重点を置いてみることをおすすめします。
 
この記事を読んで、髪の毛のパサパサというのは
シャンプーだけではなく、
その前やその後のケアに問題があるのだということを理解していただき、
 
髪の毛のパサパサなどの乾燥の悩みが改善されることを心から願っております。




Sponsored Links








Sponsored Links











紫外線対策UVケア方法

ダイエット方法

今日の訪問者数

  • 920,907 人
RETURN TOP